「エロマンガ先生(7) アニメで始まる同棲生活 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は『エロマンガ先生』シリーズ7巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの7巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの7巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの7巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

について書いています。

『エロマンガ先生』シリーズ7巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

『エロマンガ先生』シリーズ6巻のあらすじ

アニメ化を成功させる秘訣。それは――同棲!? 人気シリーズ第7巻!
「『世界で一番可愛い妹』アニメ化決定、おめでとうございます」 二人で創った小説のアニメを、兄妹一緒にリビングで観る――『二人の夢』にまた一歩近づいた和泉兄妹。興奮冷めやらぬままマサムネはアニメの脚本会議に臨むが、そこで出会った制作スタッフは一癖も二癖もある人たちだった。アニメ化によって、マサムネの生活に様々な変化が! 先輩たちから本気のアドバイスをもらったり、智恵や学校のオタクたちから祝福されたり、ゲーム化企画も進行中!? 嵐のように舞い込んでくる大量の仕事! いきなり家にやってきた美少女脚本家! 最強のアシスタントとなったムラマサ先輩! エルフや京香も和泉家に乗り込んできて!? 仕事に学業、家事に恋愛、さすがのマサムネも不眠不休の生活を余儀なくされる。兄を心配した紗霧は、ある決断をするのだが……。人気シリーズ第7弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

『エロマンガ先生』シリーズ7巻の感想

マサムネの書いたラノベがアニメ化することになり、最初はピンっときていなかったのに、理解してからのぶっ飛び発言は笑える。

普通に聞いたらビックリするに決まっている。

が、それだけ、アニメ化に対する思いが強かったのがわかる。

アニメ脚本家の真希奈がいいキャラをしていて、笑いを誘ってくる。

かわいい感じもあるけど、ダメっぷりの面白さが優ってしまう。

仕事をせずにソシャゲをしたり、会議中に寝てるとか、マサムネが引くほど。

マサムネと真希奈の仕事に対する姿勢が違うから、真希奈のダメっぷりが目立つ。

赤坂とのやり取りは、爆笑しました。

寝ている真希奈に対しての起こし方が酷いが、熟知しているところを感じて、微笑ましくもある。

京香に叩かれる真希奈は面白い。

赤坂と京香は似ているところもあるが、違うところもある。

だから、真希奈と赤坂のやり取りも真希奈と京香のやり取りも面白さがあり笑える。

京香は厳しいところがあるが、デレるとかわいい一面も見せるから癒される。

マサムネの言葉足らずに勘違いしてのテンパりはニンマリする。

言葉足らずに伝えたマサムネも面白い展開にするから笑える。

沙霧はマサムネの忙しさを理解した上で、心配するところは健気でかわいい。

駄々をこねる沙霧にはかわいいが凄まじい。

とある同人誌に触発されて、自ら漫画を描く場面は、ぶっ飛んでいて面白い。

かわいい沙霧だが、イラストに関してはヤバいぐらいに、羞恥心がなくなるのが面白い。

かわいく面白いヒロインたちが多くいて、マサムネの周りは賑やかさと笑いがある。

今後のやり取りや展開が楽しみでワクワクするほど期待している。

『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介

2006年、第12回電撃小説大賞に『十三番目のアリス』で第三次選考に残りデビューしました。

2008年から発表しているシリーズ作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もあり、2010年10月に深夜帯でテレビアニメ化もされました。

同作のアニメ版の第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」では脚本も担当しています。

2013年より刊行された『エロマンガ先生』は2016年にテレビアニメ化が決定し、2017年4月より放送されました。

同アニメ版の第8話「夢見る紗霧と夏花火」や、第11話「二人の出会いと未来の兄妹」、第12話「エロマンガフェスティバル」では脚本を担当している。

『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

かんざき ひろは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も担当されています。

  • 織田広之
  • Hiroyuki ODA
  • 鼻そうめんP
  • HSP

などの別名義でイラストレーター以外にも、アニメーターや作曲家、編曲家としても活動もされています。

さいごに

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの7巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの7巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの7巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

についてでした。

関連>>>「エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

関連>>>ラノベ「エロマンガ先生」シリーズ全巻まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました