「初恋コンテニュー (ガガガ文庫) / なかひろ」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「初恋コンテニュー」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「初恋コンテニュー」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「初恋コンテニュー」シリーズの1巻の感想
  • 「初恋コンテニュー」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「初恋コンテニュー」シリーズの1巻のあらすじ

萌えて燃えれるデスゲーム風ラブコメ!?

「助けて……兄さん……ゲームが……」
 珍しく妹の空の起床が遅いので、起こしにきたらいきなり寝言を言われ、兄である海は想う。空はどれだけゲームが好きなんだ。
 一方の海はゲームに疎い。
だから助けて欲しいと言われても、攻略の手伝いなんてできない。夢の話だろうけれど。
 プレイ中に寝てしまったのだろう、電源が点いたままだった。
それにしてもゲーム画面も、ゲーム機本体のフォルムも古臭い感じのするゲームだと思った。そして気づけば、海はコントローラを握りしめていた。なぜだろう。あまり時間がないというのに。このコントローラは空が持っているものとは違う。いわゆるツーコンというやつだ。
 だから動くのか知らないが、試しにボタンを押してみる。
 効果音が鳴り、大音量に驚いた。その瞬間、脳を殴られたような、心臓を鷲づかみにされたような、魂を根こそぎ持っていかれたような感覚に陥り、海の意識はそこで途切れた。

 助けてという妹の表現が比喩でもなんでもないことに、海は気づく────────ゲームスタート。

『星空のメモリア』などで知られるPCゲームライター、なかひろの小説デビュー作!!

※この作品は底本と同じクオリティのカラーイラスト、モノクロの挿絵イラストが収録されています。

引用元:BOOK☆WALKERより

「初恋コンテニュー」シリーズの1巻の感想

綾野海、空の兄妹は恋愛シミュレーションゲームの中に入ってしまう。

ヒロイン攻略をしなくては、現実世界に戻ることができず、海と空は協力して取り組む。

兄妹のやりとりは仲睦まじく微笑ましい気持ちになる。

「コミカルステージ」に宿ったつくも神のパーシィと海のやりとりは面白い。

パーシィは空には名前を呼ぶが、海には「人間」としか呼ばないところや、つまんで放り投げられたりするから。

しかも、食い意地をはるところも面白い。

ヒロイン攻略に奮闘する海だが、やる事なすこと裏目に出たりして、空に怒られるところは、ただただ兄妹の仲の良さを感じる。

空のかわいさもあり、兄妹愛を感じる場面もあり、癒され感動させられる。

「初恋コンテニュー」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「初恋コンテニュー」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「初恋コンテニュー」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「初恋コンテニュー」シリーズの1巻の感想
  • 「初恋コンテニュー」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました