当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」シリーズ全巻のあらすじ・感想

この記事は約5分で読めます。

今回の記事は、「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログです。

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」シリーズは2巻まで刊行されており、各巻のあらすじと感想を紹介しています。

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」のあらすじ・感想

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」のあらすじ

ピンクの蚊に刺され、“他人の自分に対する好感度”が見えるようになった高校生・桐崎冬馬。知り合いは30、友達は70が普通なのに、美少女四天王・九条桃華の数値は100と最初からカンスト。「友達になってほしい」という桃華とメッセージのやりとりや放課後デートを重ねる。冬馬が何か失敗しても、彼女を待たせても常に好感度は安定の100。真面目で照れ屋な彼女に惹かれていく冬馬だったが、桃華の親友であるツンデレ女子・如月結衣の数値が-50、さらにモテ女子雪村希の数値は-100! とはいえ結衣とは桃華の話題で盛り上がり、遠足でぼっちになった希と過ごしたりして、彼女たちの好感度も爆上がりに!?
ヒロインに愛され度限界突破!ほんわか甘々ラブコメ堂々開幕!

引用元:版元ドットコム

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」の感想

ピンク色の蚊に刺されて、好感度がわかるようになる。ニュースでも報道されある程度の情報が提示された。主人公の戸惑いはわかるわ。急に頭の上に好感度の数値が表示されたら。

ヒロインの九条さんは学園四天王の1人で高嶺の花。そんな、九条さんは主人公に対して好感度が100%とカンストしている。受験の時にシャープペンと消しゴムを忘れた九条さんを、主人公が九条さんとは知らずに貸したこと。

主人公と九条さんは初々しくていい。如月さんには好感度が-50なんだけどね。マイナスまで数値にあるとは。九条さんもデレてモジモジするの可愛い。

受験の時にシャープペンと消しゴムを渡すのが捨て身の手助けなのかと思ってしまった。九条さんの過去を如月さんが話していたから少しは納得するけど、捨て身の手助けではない気がしてならない。

如月さんの好感度が-50から-70になり、主人公と会話をしていくうちに25になってる。それにしても、九条さんは主人公に対しては好感度が100%のままなんだね。

雪村さんの好感度が如月さんよりも低い。-100って。でも、友達になると70まで爆上がり。好感度って浮き沈みはあるだろうけど、ここまで爆上がりするもんなのかなと思ってしまったわ。

幼馴染みの2人は良い人だな。主人公にアドバイスをあげたり。友情が眩しい感じで感動した。

>>>目次に戻る

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件2(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」のあらすじ・感想

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件2(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」のあらすじ

“他人の自分に対する好感度”が見えるようになった高校生・桐崎冬馬は晴れて学園の美少女四天王の一人、九条桃華と恋人同士に。
桃華から冬馬への好感度は変わらず100とカンスト状態。だが、桃華の頭上に現れた“両思いになった相手のテンション”が分かるメーターは上がったり下がったりと忙しい!?
体育祭にハロウィン、クリスマス。いろんなイベントを一緒に過ごして桃華との距離はぐんぐん縮まっていく。さらには素の自分を出し切れない雪村希の悩みや、親友との時間が減って寂しい如月結衣と話す内、彼女達からの好感度も急上昇!
ヒロインに愛され度限界突破!ほんわか甘々ラブコメ第2巻!

引用元:版元ドットコム

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件2(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」の感想

桐崎冬馬と九条桃華の初々しさがいいですね。少しメーターに振り回されてる感があるけど、それがぎこちなさがある。けど、お互いがお互いのことを好きなんだろうなと思う。2人のイチャイチャ感はニヤついてしまいました。

九条桃華が桐崎冬馬から受験の時に貰ったシャーペンを無くした時、パラメーターが空っぽになるぐらい落ち込みを新しくシャーペンを渡すと握りしめ胸に押しあてるのは可愛いと思った。ハロウィンパーティの時の仮装も可愛い。頰を赤く染め、上目遣いのも可愛い。とにかく、九条桃華が可愛すぎました。

中間テストのためのテスト勉強会したり、体育祭のリレーマラソンの練習したり、ハロウィンパーティをしたり、ボーリングに行ったり、クリスマスイブに。青春盛りだくさんな巻でした。

>>>目次に戻る

「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」シリーズ全巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は、「好感度が見えるようになったんだが、ヒロインがカンストしている件(角川スニーカー文庫)/小牧亮介」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログでした。