当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 4 (ファミ通文庫) / 九曜」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻のあらすじ
  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻の感想
  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの4巻のあらすじ

ちょっとHな女の子と、同棲&学園ラブコメディはいかがですか?
すれ違いを経て、あらためてお互いの気持ちを確かめ合った僕こと弓月恭嗣と佐伯さん。いつもの生活が戻り、水の森高校では文化祭が催される季節に。そんなある日の昼休み、桑島先輩が僕を訪ねてくる。先日のことを気にする彼は、埋め合わせに、佐伯さんとふたりで近くの大学の学園祭に行ってきてはどうかと提案してきて――。常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる同棲&学園ラブ・コメディ、第4幕。

引用元:BOOK☆WALKERより

佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻の感想

佐伯さんの考えが空回りしたことで、弓月と佐伯さんの関係がすれ違いが生じて、危機的な状態にはなったものの、あらためてお互いの気持ちを確かめ合い壊れずにすむ。

ただ、このすれ違いによって弓月が佐伯さんのことを独占した気持ちが出てきて、本当に2人は相思相愛だなと思うと応援したい気持ちになる。

水の森高校の文化祭では、2人の仲睦まじい姿が微笑ましい。

まだまだ、ぎこちない雰囲気はあったものの、少しずつ以前のような関係になっていくのがほのぼのとする。

桑島先輩からの埋め合わせで、大学の学園祭に行き、水の森高校の学園祭2日目にできなかったことを2人で楽しむ。

仲睦まじさが以前と同じになり、弓月の佐伯さんに対しての独占欲も重なって、微笑ましさが増したように思える。

今後どんなふうになるのかが楽しみで仕方がない。

佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻の感想
  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。