「冴えない彼女の育てかた11(ファンタジア文庫) / 丸戸 史明」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻の感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻のあらすじ

メインヒロイン・加藤恵とのイチャラブシナリオ執筆開始……のはずが!?
ゲームシナリオの執筆を通して、英梨々や詩羽との関係を見つめ直してきた倫也。ついにメインヒロイン・加藤恵のシナリオに着手した彼だが、アイデアは湧けど、なぜか筆は進まず……。倫也の心中に、いったい何が!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻の感想

倫也の家で美智留、出海、恵がいる状況はいつもの光景で、やり取りも絶妙なテンポで繰り広げられるので面白い。

すんなりと美智留ルートと出海ルートを書いた倫也に詰め寄る美智留と出海の言い分はわかる。

英梨々ルートと詩羽ルートではプロセスがあったが、自分たちにはないから倫也を攻めたてる。

言い合いを終結させるのは、恵だけど毒のある感じが笑える。

出海や美智留とのやり取りは、主語や言い回しがおかしいので、側から見るとヤバい発言になり、倫也がツッコミを入れたりするのが楽しく面白い。

恵は伊織に対してはかなり厳しい。

原因は伊織が作ったから仕方ないのだが、倫也としては怒った恵は怖いって知っているから、仲良くしてほしくて奮闘している。

ただ、伊織はこの関係になっているけど、気にしていない感じがある。

しかも、楽しんでいる気もある。

倫也的には変な関係性のある2人に板挟みなのが面白い。

メインヒロインルートで苦労する倫也は、朱音に相談する。

的を射抜く答えを出す朱音は凄い。

クリエイターの限界まで使い潰してしまう朱音だが、その後に復活するまで面倒を見る優しさもある。

しかも、朱音自身の能力もあり、過去の辛い気持ちからくるものだから、冷酷さと優しさがあるから倫也にもしっかりとアドバイスをする。

楽しんでいるところもあるだろうけど頼りになる。

恵とメインヒロインルートをやるやり取りでは、ダメ出しをされまくる倫也が不憫さを感じるが、なんだか仲睦まじい雰囲気で微笑ましい。

メインヒロインとイチャイチャされるのを目的にしているが、免罪符になっている感じで倫也と恵がイチャイチャ感がでるところがニヤリとしてしまう。

フラットになったり、ブラックになったりする恵は、最初の頃よりも表情豊かでちょこちょこと恵が照れるのが、かわいくて癒される。

「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年4月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻の感想
  • 「冴えない彼女の育てかた」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

無月黒羽
無月黒羽

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント