当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」シリーズ全巻のあらすじ・感想

この記事は約16分で読めます。

今回の記事は、「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログです。

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」シリーズは巻まで刊行されており、各巻のあらすじと感想を紹介しています。

  1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 2 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 2 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 2 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  3. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 3 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 3 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 3 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  4. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 4 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 4 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 4 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  5. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 5 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 5 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 5 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  6. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 6 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 6 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 6 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  7. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 7 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 7 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 7 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  8. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 8 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 8 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 8 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  9. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 9 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想
    1. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 9 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ
    2. 「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 9 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想
  10. が読めるサブスク紹介
    1. 1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題
    2. 2つ目は、kindle unlimited
  11. さいごに

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ

異世界転生したら、家族が最強すぎるのですが!……って私もか!

転生して元素の精霊になりました。しかも、とーさまは元・英雄でかーさまは精霊の王というチートぶり! 精霊の力も前世の知識も駆使して、とーさまの実家のごたごたを片付けたり王様とやりあったり大忙しです!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想

エレンは異世界転生者で、今世では元素の精霊になる。

父親のロヴェルは英雄で半精霊で、母親のオリジンは原始の精霊という最強すぎる家族の元、仲の良さよを感じさせる。

しかも、やりとりは微笑ましく面白い。

ロヴェルは親バカではあるが、それに負けないぐらいオリジンも親バカで、本当に娘であるエレンのことを大事にしている。

ただ、エレンは時々ロヴェルに辛辣な言葉を投げかけて、ショックを与えるから笑える。

親子たちは王家と関わりを持たないようにしていたが、ロヴェルとエレンが人間界で修行の旅の途中でアルベルトと再会する。

ロヴェルの家であるヴァンクライフト家の人たちはいい人たちだが、サウヴェルの妻となっていたアギエルのわがままっぷりは残念な気持ちにさせる。

アギエルは王家のものだったからこそ、関わりを持たないようにしていても関わらさるおえなくなる。

ラヴィスエルの腹黒さを感じるが、エレンも負けないぐらい腹黒さがある。

転生者で前世では大人たったのを影響しているのだろうけど、可愛らしいところがあるから大人同士のやりとりを繰り広げる場面が多く、より強く感じさせる。

しかし、今後どんな展開になっていくのかが楽しみです。

>>>目次に戻る

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 2 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 2 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ

領地のために「薬」を作って大混乱! 私は狙われているらしいのです!?

どうも、転生して元素の精霊になりましたエレンです。とーさまと一緒におじさまの領地経営を手伝いながら、この世界初の「薬」を作ったところ、それが原因で国をあげての大混乱! 薬を狙って誘拐事件が勃発です!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 2 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想

エレンは、とーさまと一緒におじさまの領地経営を手伝う。

そんな中である病を治そうと薬作りに奮闘する。

またもや、王家が関与してきたことで騒動になってしまう。

しかも、おじさまの娘にも災難が降りかかる。

王家も一度は痛い目にあっているのに、またやらかすとは懲りないところがある。

おじさまであるサウヴェルも災難続きではある。

アギエルで頭を悩まされてきて解放されたと思いきや、新たに迎えた妻が女神の断罪を受けてしまう。

アギエルに被害を受けないようにしていて娘と離れて暮らしていたことで、どう接していけばいいがわからない状態にも陥っていて、本来ならば妻が女神の断罪を受けなければ少しずつ家族をできたはず。

大人とのやりとりが主になっていたエレンだが、おじさまの娘と出会って、少しのやりとりではあるけど年相応な反応は面白い。

普段は聡明だからこそ可愛らしさが増しており、今後2人の関係がどのようになるのかが気になる。

そして、エレンたちの今後も楽しみです。

>>>目次に戻る

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 3 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 3 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ

学院の謎を解け! というわけで、とーさまと一緒に学院で潜入捜査です!

はい、転生して元素の精霊になりましたエレンです。かーさまの探しものを見つけるため、人間の通う学院に来ています。ですが英雄のとーさまと一緒に体験入学したせいで、注目度ドン! 探しものは前途多難です!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 3 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想

エレンは人間の通う学院からの入学を希望する手紙が届き、体験入学をすることになる。

最初はあまり乗り気ではなかったが、オリジンの思惑によって城の探検に心躍らせる。

大人たちともに領地運営をしているから忘れてしまいがちだが、年相応な一面があって可愛らしい。

ただ、学院側にも思惑があり、城の探検がなかなか進んでいないけど、以前出会ったヒュームと再会し急展開になる。

しかし、エレンと国王は腹黒さがあるから思考が理解できているところは驚く。

学院にはラフィリアや王太子、王女も通っている。

王太子と王女の兄妹のやりとりは、王女の有能さを垣間見えるともに、兄の王太子に対して辛辣な言葉を投げかけるから面白い。

そして、ラフィリアはまだまだエレンに対しての嫉妬が残っていて、貴族としての行いに逸脱している。

今後変わっていくのか変わらないのか気になるところではある。

カイとヴァンの2人はエレンの護衛ではあるが、最初の頃よりは仲が良くなってきている。

しかし、まだまだ信頼関係的には足りないところはあるが、エレンを護衛するという目的は見失っていないから今後どんな関係性を築き上げるかが楽しみです。

>>>目次に戻る

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 4 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 4 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ

学院に囚われた大精霊を助け出せ! 大救出劇、開・幕!!

ごきげんよう、元素の精霊にして女神の娘のエレン(前世人間)です。体験入学した学院で見つけたのは囚われの大精霊! かーさま始め、精霊たち総動員で大救出劇です! さらに、私の転生の秘密も明らかに……!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 4 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想

エレンたちは学院に囚われている大精霊を救うべく行動をする。

目眩しとなる「精霊との契約の儀式」を利用することで、隠密に救出劇を開幕される。

しかし、王室側も動きを見せており、ある事実を突きつけられる。

本当に国王とエレンは思考の読み合いで楽しませてくれる。

だからこそ、2人を敵にした学院長は少し可哀想ではあるが、自業自得であるから仕方がない。

同じ頃にラフィリアがある事件を起こして、王太子や王女の頭を悩ませる。

しかし、主に王太子のほうが強く頭を悩ませることに。

ただ、王室の兄弟のやりとりは微笑ましい。

大人になるとなかなか出来ないのではないかと思うと寂しい気持ちになるが、仲の良さを感じさせる光景で、学院のことやラフィリアのことがあるけどほのぼのとする。

ラフィリアも事実を知り、心を入れ替えたことで、少しずつ家族を取り戻すことができている。

しかも、エレンとの関係も従姉妹同士ではあるものの、本当の姉妹のような仲睦まじさがあって微笑ましく和む。

>>>目次に戻る

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 5 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 5 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ

ちびっこ女神エレン、王家と手を組んで、新規事業をはじめます!

元素の精霊改め、女神として目覚めたエレンです。人間の頃の知識も使って領地改革に勤しんでいます! そんな中、ヴァンクライフト領に王太子のガディエルが視察に来ることに。これは……新しい事業のチャンスです!

引用元:BOOK☆WALKERより

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 5 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想

女神の力に目覚めたエレンは、ヴァンクライフト領の領地運営のお手伝いをし、どんどん発展させていく。

前世の知識を駆使している。

しかも、ラフィリアとの仲もどんどん深まり、やりとりが微笑ましい。

エレンを中心になるとほのぼのとした空気になる。

領地改革を進めるヴァンクライフト領に王太子のガディエルが視察に来る。

しかも、ある問題を解決をするためもあって、エレンたちも乗り出す。

ただ、ガディエルたち一向のやりとりも面白い。

が、やはりエレンとロヴェルの親子のやりとりが微笑ましく面白い。

ラフィリアは騎士見習いになったが、ある問題に対して決別するために、エレンたちに同行する。

口の悪さはまだまだあるが、今までよりも成長を遂げているような感じが見られる。

エレンとの仲も良くなっていて、これからどんどん変化していく気がして楽しみです。

>>>目次に戻る

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 6 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 6 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ

人間界で異常発見!? にーさまたちと調査開始です!

大精霊のアークにーさまとリヒトにーさまと一緒に、人間界で魔素の溜まっている場所の調査に行くことになりました。だけどそこは、生き物の気配のしない不自然な深い森。意外にも調査は難航してしまい……!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 6 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想

ラフィリアの問題も蜜蝋も解決したエレンは、蜜蝋を使って画材を作り出す。

さまざまな益をもたらすもので、王族も新事業に参加する。

どんどんヴァンクライフト領はエレンの領地運営による改革で発展していく。

エレンのおじさまであるサウヴェルは忙しい日々にはなるけど、やりたいようにやらせているような気もする。

人間界で魔素の溜まっている場所にアークとリヒトの兄弟が赴き、解決をしようとするが問題が発生して、双女神の助言でエレンも調査を行くことに。

今まではヴァンクライフト領の人たちが絡んでいたから、アークとリヒトとは血のつながりはないが母親が共通していて、兄弟の仲のよさを感じる。

ますます女神の力を活用できるようになったエレンだが、親離れをしようと努力をしていて応援したい気持ちになる。

だが、いつも隣にいるロヴェルがいないのが寂しいと思うところはかわいい。

今後のエレンとロヴェルの親子関係はどんなものになるのかが楽しみです。

>>>目次に戻る

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 7 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ・感想

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 7 (カドカワBOOKS)/松浦」のあらすじ

大事なものを守るため。女神の娘として、できることを――!

とーさまの宿敵アギエルの娘アミエルが隣国で行方不明になったそうです。陛下から 助けを求められ、精霊の力を貸すことに! だけどそこには、とんでもない陰謀が潜んでいて――!? 待望の新章開幕です!

引用元:BOOK☆WALKERより

「父は英雄、母は精霊、娘の私は転生者。 7 (カドカワBOOKS)/松浦」の感想

国王から呼び出しをくらうロヴェルとエレン。

言われたのがアギエルの娘アミエルが隣国で行方不明になり、アギエルまでもが行方をくらませる。

さらには、先王が手をかけられてしまい、意図が読めず悩んでいたのをエレンが解決する。

だが、解決とともにアミエルの暗躍が明るみに出て、阻止するために動きだす。

隣国に悟られないようにヴァンクライフト領で収穫祭を執り行われる。

アミエルを阻止するために、大精霊たちの協力をロヴェルがしたが、ある一言で収穫祭で大慌てになるから面白い。

しかし、ヴァンクライフト領では嬉しい出来事もあり、微笑ましいやりとりが繰り広げられるからほのぼのとする。

双女神の登場し、ロヴェルにあることを告げて思い悩む。

ロヴェルにとっては