「ベン・トー 5.5 箸休め~燃えよ狼~ (スーパーダッシュ文庫) / アサウラ」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「ベン・トー」シリーズの5.5巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「ベン・トー」シリーズの5.5巻のあらすじ
  • 「ベン・トー」シリーズの5.5巻の感想
  • 「ベン・トー」シリーズの5.5巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「ベン・トー」シリーズの5.5巻のあらすじ

半額弁当争奪バトルに青春を賭ける佐藤洋(さとう よう)は、HP(ハーフプライサー)同好会の面々と共に、従姉(いとこ)の著莪(しゃが)あやめの高校の文化祭に繰り出す。高校生の一大イベントを楽しんでいたが、あの引きが強すぎる少女・あせびちゃんの手作り弁当が事件を巻き起こし事態は一変。佐藤は命懸けの弁当争奪戦に参戦することに…!? そのほかにベン・トーファンタジー編や、名もなき「狼(おおかみ)」をフィーチャーした短編、そして禁断の「筋肉刑事(マッスルデカ)」の一部ストーリーなどを収録! 「狼」たちよ、考えるな、感じるんだ! 箸休めにならない箸休め、庶民派シリアス・ギャグアクション、灼熱(しゃくねつ)の5.5巻! MAYDAY! MAYDAY!

引用元:BOOK☆WALKERより

「ベン・トー」シリーズの5.5巻の感想

あやめとあせびの学校の学園祭に、洋たちは行くことになる。

しかも、以前にHP(ハーフプライサー)同好会の強化合宿で出会い、半額弁当争奪戦で戦ったえりかと真希乃が学校見学のために同行。

白梅の策略に剣水はフリフリのドレスを着せる。

災難ではあるが、恥ずかしがるからかわいい。

あやめは以前に白梅にやられたから回避するから面白い。

それぞれが楽しみつつも、あせびがイベントで手作り弁当争奪戦になる。

ただ、その弁当がヤバいほどに食べ合わせが悪いものばかりで、洋とあやめは大事になる前に阻止に動く。

従姉弟同士だから、息がピッタリで微笑ましい。

あせびは本当に不運に愛されて、引き寄せて、巻き込むから面白い。

悪気はないし、屈託のない笑顔がかわいいけど、本人が気がつかないから可哀想すぎる。

あせびの手作り弁当争奪戦で、番人とダッグを組んで、途中から白粉が併走するのが笑える。

アンテナに引っかかったんだろうけど、発言がヤバいから洋はあたふたするのが面白い。

いいキャラしている白粉だけど、実家のベッドが愛犬に占拠されているのが、ちょっぴり面白く可哀想に感じる。

今回は半額弁当争奪戦はなかったが、あやめの夢の内容や洋の父親のエピソードなど、面白いのが満載で笑えた。

個性的キャラたちの今後も楽しみで仕方がない。

「ベン・トー」シリーズの5.5巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題にて、2021年6月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「ベン・トー」シリーズの5.5巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「ベン・トー」シリーズの5.5巻のあらすじ
  • 「ベン・トー」シリーズの5.5巻の感想
  • 「ベン・トー」シリーズの5.5巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました