当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。4 (カドカワBOOKS) / 夕蜜柑」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻の感想
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻のあらすじ

メイプル率いる【楓の木】、最強の聖剣使いとNo1ギルドと激突!?
新たな仲間とスキルを手に入れ、ギルド対抗戦に挑むメイプルのギルド【楓の木】。百人を超える大ギルド【集う聖剣】【炎帝ノ国】も参戦を表明する中、質・量ともに圧倒的な敵とメイプル達はどう戦うのか!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻の感想

第四回イベントでギルド対抗戦が始まる。

メイプル率いる【楓の木】は、サリーの戦略を基にイベントを楽しんでいる。

メイプルがぶっ飛んだスキルが目立つが、【楓の木】は個性が強い。

特にサリーは今までのゲームで培ったものを活用し戦略や知略を練り、自ら思い通りに体を動かすために身体能力を磨いている。

だから、メイプル以上にチートな感じで圧倒される。

【炎帝ノ国】との戦闘も迫力があり、ハラハラドキドキする展開で面白い。

ミィがキャラを作っているから、素になると可愛らしさが全面に出て癒される。

【集う聖剣】は強者が多く存在して、ギルド対抗戦2日目には、【楓の木】との戦闘をするが読み応えがある。

ペインがメイプルを追い込むところは驚くところではある。

ギルド対抗戦の3日目は、メイプルの「暴虐」によって、世紀末っぽさがあって面白い。

もうやりたい放題な感じがして、これからメイプルはどんなふうになっていくのかが楽しみで仕方がない。

「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻の感想
  • 「痛いのは嫌なので防御力に極振りしたいと思います。」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。