「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ せめて息子のラブコメにまざらないでください (ファンタジア文庫) / 夏色青空」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻の感想
  • 「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻のあらすじ

俺のことが好きすぎる母親のせいで、人生がハードモード過ぎる!
母・美礼が書いた母×息子の近親相姦エロラノベが大賞を受賞した。なぜか俺が受賞したことになってた。……いやふざけんな!? しかも同期受賞の現役JK作家は俺が好きなあいつで――あ、終わった。人生詰んだわ。

引用元:BOOK☆WALKERより

「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻の感想

霜村家の賑やかさは面白く楽しくて微笑ましい。

美礼はネタに走るから、春馬がツッコミを入れるやり取りは笑いを誘う。

ただ、美礼が作家としてデビューをすることになり、春馬が代理になることで巻き込まれる。

散々な目に合うが、家族円満なところがあり、仲睦まじい親子のやり取りではある。

瀧上凛夏は春馬に好意を抱いているが、素直になれずツンデレなところがかわいい。

春馬も凛夏に好意抱いて、やり取りが微笑ましい。

先輩作家の方々のキャラが濃く、やり取りも楽しい。

作品名も作家名もヤバいが、それぞれが個性的で、カオスな状態になるのが面白い。

霜村家の賑やかさやヤバい人たちのやり取りから家族愛をテーマになって、急展開をみせるから驚いてしまう。

ただ、感動と笑いをもたらすから楽しい。

今後の春馬と凛夏の関係や、霜村家の騒がしいぐらい賑やかな団欒などが気になる。

「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年4月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻の感想
  • 「母親がエロラノベ大賞受賞して人生詰んだ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント