「文句の付けようがないラブコメ7 (ダッシュエックス文庫) / 鈴木大輔」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻のあらすじ
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻の感想
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻のあらすじ

愛してるぜ。 幾千幾万の輪廻(りんね)を超え、ユウキとセカイは真のエンディングにたどり着いた。 高校生だった彼らはいつしか大人になり、酒盛りしたり就活したり、周囲の反対を押し切って同棲(どうせい)してみたり。 裁定者として絶対的な役割を担(にな)ってきたハルコ・クルミ・おチヨの三人もまた、新たな人生を謳歌(おうか)し始めている。 バッドエンドの連続だったこれまでの不条理を笑い飛ばすかのように、彼らは“普通のしあわせ”を当たり前に過ごしていく。 これは、たった五人でセカイと世界を救うべく足掻(あが)いてきた勇者たちに贈る、最初で最後で最高の「文句の付けようがないラブコメ」。

引用元:BOOK☆WALKERより

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻の感想

ユウキ、セカイ、ハルコ、クルミ、おチヨは、やり直しの効かない世界で騒がしぐらいの賑やさに溢れている。

ユウキとそれぞれのヒロインたちのやりとりも笑いを誘うので楽しい。

ユウキとハルコは兄妹仲睦まじい感じが微笑ましい。

ただ、ハルコはブラコンだから、会話の中で妄想話が含まれていて、巧みなアプローチが凄い。

ユウキとクルミは海でスイカ割りなどを楽しむ時の、クルミの絶妙で斬新なスイカ割りには驚く。

じゃれつく場面は仲睦まじさが微笑ましい。

ユウキとおチヨのやりとりは絶妙な掛け合いで笑いを誘う。

おチヨはメイドで高校教師で大学の臨時講師という、謎すぎる人物ではあるが、ちょくちょくボケのような発言をするから面白い。

ユウキとセカイのやりとりは、今まで普通の恋人らしいことをしていないというが、イチャイチャ感がある。

何度も何度も繰り返してきたからこそのいい雰囲気にほのぼのとする。

就活の話から酒盛りをした挙句に、変な展開になるのは笑い転げるほど面白い。

ユウキたちの仲の良さを感じられる。

これからも、どんどん面白い人生を謳歌してほしい。

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題にて、2021年6月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻のあらすじ
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻の感想
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの7巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました