「エロマンガ先生(6) 山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は『エロマンガ先生』シリーズ6巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの6巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの6巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの6巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

について書いています。

『エロマンガ先生』シリーズ6巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

『エロマンガ先生』シリーズ6巻のあらすじ

ヒロインたちの猛アプローチにマサムネ大ピンチ!? 人気シリーズ、第6巻!
エロマンガ先生、禁断の初顔出し! 担当編集によって仕組まれた陰謀から紗霧を守ったのは、セーラー服を着たうら若き『氷の姫君』の写真だった。兄妹の保護者、京香との新たな関係が描かれる。 その一方で、和泉マサムネは、『山田エルフちゃんと結婚すべき十の理由』について、本人から熱烈なレクチャーを受けることに! 妹一筋のマサムネを攻略するエルフの秘策とは!? さらには、めぐみたちと合コンをすることになったり、ムラマサ家訪問で彼女の秘密が明らかになるなど、ヒロインたちの猛攻勢に、マサムネは耐えきれるのか! そして、マサムネたちの小説『世界で一番可愛い妹』にも新たな展開が――!? 人気シリーズ第6弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

『エロマンガ先生』シリーズ6巻の感想

沙霧が部屋から出ることができるようになった。

限定的ではあるが、前回でめちゃくちゃ頑張った成果だと思う。

マサムネを起こす時の頬ツンツンとか、料理しているのを見たり、風呂に入っているのを覗き見るところが、面白さもありかわいらしさもある。

今まで部屋から一歩も出れなかったからできなかったことではあるが、活発になった沙霧はやはりかわいい。

イベントでの京香は災難な羽目にあってしまう。

マサムネと沙霧の保護者として、厳しくも優しさを感じられるから、微笑ましい気持ちにもなる。

沙霧の暴走気味になり、恥ずかしめを受けてデレる京香にギャップを感じて、かわいい一面が癒される。

朋絵の策略に乗っかっためぐみの合コンは面白いメンバーで笑える。

国光が8歳の子に励まされている光景は、面白いのだけど和む一場面ではある。

めぐみの友達はそれぞれ優しさもありかわいらしさもありほのぼのとしている。

エルフはエルフで自宅を改装して、マサムネとのデート気分を味わうのは、行動力があると感じる。

マサムネよりも年下なのに、頼りになるところは、素晴らしい。

喧嘩みたいな言い合いや友達同士の会話のやり取りは仲睦まじく微笑ましい気持ちになる。

褒められるとデレるところはかわいい。

ムラマサが小説の原稿を渡さない理由が、面白さとかわいらしさがある。

父親の麟太郎のキャラも濃くて面白いが、ムラマサが「パパ」って呼ぶのはかわいすぎる。

似た者同士の親子だが、小説に対しての考え方や、麟太郎はパソコンとかが使えて、ムラマサはつかえないのがおかしすぎる。

普通は逆だと思うのだが、そこがムラマサの魅力の一つではある。

今後もムラマサ親子とマサムネたちのやり取りも楽しみ。

『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介

2006年、第12回電撃小説大賞に『十三番目のアリス』で第三次選考に残りデビューしました。

2008年から発表しているシリーズ作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もあり、2010年10月に深夜帯でテレビアニメ化もされました。

同作のアニメ版の第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」では脚本も担当しています。

2013年より刊行された『エロマンガ先生』は2016年にテレビアニメ化が決定し、2017年4月より放送されました。

同アニメ版の第8話「夢見る紗霧と夏花火」や、第11話「二人の出会いと未来の兄妹」、第12話「エロマンガフェスティバル」では脚本を担当している。

『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

かんざき ひろは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も担当されています。

  • 織田広之
  • Hiroyuki ODA
  • 鼻そうめんP
  • HSP

などの別名義でイラストレーター以外にも、アニメーターや作曲家、編曲家としても活動もされています。

さいごに

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの6巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの6巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの6巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

についてでした。

関連>>>「エロマンガ先生(5) 和泉紗霧の初登校 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

関連>>>ラノベ「エロマンガ先生」シリーズ全巻まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました