「新妹魔王の契約者Ⅻ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻のあらすじ

それは淫らな後日譚――。戦いを終えた刃更達の日常が明らかに!!
斯波との最終決戦へと向かう前、刃更はどのようにして長谷川と主従誓約を結んでいたのか……。そして、戦いが終わり東城家での生活を始めたセリスは、刃更達の淫らな関係を目の当たりにして動揺する――。

引用元:BOOK☆WALKERより

「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻の感想

刃更と長谷川の誓約については、前巻では語られずにいたエピソードで、斯波と戦うための切り札になった。

澪が望んだことだと、前巻で長谷川が斯波に言っていたが、どんな気持ちでかはわからなかった。

刃更を思う気持ちは澪たちの共通する点で、信頼と絆が深いだと思うと感慨深い。

セリスが同居してきて、万理亜の洗礼を受けるのは、東城家では当たり前の光景になっている。

ただ、契約に対しての決意はあるが、悩んでいる状態で、澪たちが優しく寄り添うところは微笑ましい。

刃更に好意を抱いているのを澪たちはわかっているからこその気遣いがいい。

やり方も独特だけど、セリスの思いや悩みを慮ってのことだから、澪たちの仲睦まじさを感じる。

刃更とラースが焼肉屋に行くところは笑える。

予約した以上の品が出てきて、刃更すらも脱帽しているのは面白い。

高校生にしては豪華すぎる。

斯波に契約を施し、暗部の部分を担わせるのは、以前に長谷川のアドバイスを用いているところは凄い。

刃更は優しさの塊だけではなく、守りたいものに対して、壊そうとする者への冷酷さをあり、敵としてはそれが脅威でもある。

まだまだ、平穏な日常をおくるには問題もあるが、刃更と澪たちならば乗り越えられる気がする。

「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの12巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

11巻の感想は、下記を参照ください。

>>「新妹魔王の契約者Ⅺ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

コメント