当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ (ベリーズ文庫)/百門 一新」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻の感想
  • 「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻のあらすじ

何かと不運体質のリズは就活に失敗し続けたある日、希望していない獣騎士団に手違いで事務員採用されてしまう。しかも〝白獣〟という戦闘獣は一般人にはキケン。関わらないように身を潜めて過ごす…つもりだったのに、イケメン団長・ジェドともふもふの白獣たちから見初め(?)られて、幼獣のお世話係を拝命! …って私、事務員だったハズですが!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻の感想

就活に失敗し続けるリズは不運体質で、自らのミスにより王国軍第二十四支部の事務員として採用されてしまう。

なかなか就活がうまくいかなかったから、一生懸命働くが、ある時に団長室に行く予定ができ、団長と副団長のおかしな関係を見てしまう。

ノックをしていれば回避できたかもしれないが、不運が続いていて面白い。

しかも、団長からは白獣のお世話係になってしまう。

白獣は戦闘獣として獣騎士以外は危険な存在なのだが、リズは白獣の幼獣のお世話をする。

成獣は勇ましく感じるが、妖獣はもふもふしていて、可愛らしく癒される。

もみくちゃになりながらも、リズのひた向きに妖獣たちのお世話に取り組む姿に団長は心惹かれていく。

忙しい日々の中で時間を作るが、リズをからかっているような感じがあるけど微笑ましい。

今後の2人の関係がどのように発展していくのかが楽しみです。

「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻の感想
  • 「平凡な私の獣騎士団もふもふライフ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント