「異世界はスマートフォンとともに。8(HJ NOVELS) / 冬原パトラ」の感想

interest
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの78巻の感想
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

スポンサーリンク

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻のあらすじ

雪もちらつき始め、少しずつ冬の気配の迫るブリュンヒルド公国。そこに、バビロンの遺跡が見つかったとの報を受け、冬夜たちは魔王国へと向かうことに。魔王国にてバビロンの遺跡『図書館』を見つけた彼らだが、そこにはフレイズの新たな情報が収められていた――!! 大人気異世界ほのぼのファンタジー第8巻!

引用元:BOOK☆WALKERより

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻の感想

バビロンの「図書館」を手に入れ、リーンがはしゃぐ姿がかわいい。

「図書館」を求めていたから、嬉しかったんだろうなと思う。

ファムは「図書館」の管理者らしく活字中毒ってのがいい。

個性的なキャラが濃いバビロンの管理者は1人増えることに面白さが増していく。

冬夜は公王になっても、気さくで欲のないから、ブリュンヒルド公国はいい場所だなと思う。

子供たちと遊ぶところとかが和む光景で、人柄と人徳を感じられる。

もう一つのバビロンを手に入れる。

「蔵」の管理者はやはりドジっ子すぎて面白い。

冬夜が痛い目を受けるところは、楽しすぎて笑いが誘われた。

今後、どんなドジなことをしてくれるのかが楽しみな一つになった。

バビロンの管理者が全員集合した時に、冬夜とのやり取りが楽しみになる。

カオスになるのではと考えると、ワクワクしてしまう。

嫁さん候補たちは仲がいいから、冬夜が時々肩身の狭い感じが面白い。

ただ、仲睦まじくあり微笑ましい気持ちになる。

「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの読み放題で2021年1月31日の23:59まで読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


さいごに

今回の記事の内容は

  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻のあらすじ
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻の感想
  • 「異世界はスマートフォンとともに。」シリーズの8巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連>>>「異世界はスマートフォンとともに。7(HJ NOVELS) / 冬原パトラ」の感想

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました