「ベン・トー 6 和栗おこわ弁当310円 (スーパーダッシュ文庫) / アサウラ」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「ベン・トー」シリーズの6巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「ベン・トー」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「ベン・トー」シリーズの6巻の感想
  • 「ベン・トー」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「ベン・トー」シリーズの6巻のあらすじ

半額弁当争奪バトルに青春を賭(か)ける佐藤洋(さとう よう)は、新たに開拓したスーパーで、存在感あふれる半額神・ビッグ・マムと、そこを主戦場とする厄介な「狼(おおかみ)」山木柚子(やまき ゆず)と出逢う。ある目的のために佐藤の苦難の食生活が始まる一方、槍水(やりずい)は彼女が溺愛する妹・茉莉花(まりか)が文化祭に見学に来るため、心配で落ち着かない日々。そしていよいよ文化祭当日、友人のイベントに駆り出された槍水の代わりに佐藤が茉莉花の面倒を見ることになるのだが――。甘美な罠を退け、誇り高く戦い、喰え! 「狼」としての底力がいま試される! 庶民派シリアスギャグアクション、禁断の第七弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「ベン・トー」シリーズの6巻の感想

普段のスーパーとは違うところで、洋は半額弁当争奪戦を行うが、特殊な雰囲気に今までとは違ったハラハラさを感じる。

そのスーパーで柚子と出会い、ようやく半額弁当争奪戦では白熱していて興奮する。

剣水の妹が、洋たちの通う学校の文化祭のためにやってくる。

剣水が妹を溺愛しているのが微笑ましい。

人見知りする妹だけど、あやめや洋に懐いていて、嫉妬する剣水がかわいい。

文化祭では白粉と洋のやりとりは絶妙さがあって面白い。

小説のネタになりそうなことに反応し、ぶっ飛んだ発言をするから、洋が髪を引っ張り「うっ」って唸る白粉。

安定したやりとりは安心感もある。

クラスの出し物で白粉は頑張って感動する展開に、不意打ちされた気分になるが、心がジーンとする。

あやめや剣水の妹などと楽しい文化祭を過ごす洋たち。

部の出し物も順調で、和やかさを感じる。

ただ、あせびが不運に見舞われて、どんよりした展開になり、笑ってはいけないけど笑えてしまう。

半額弁当争奪戦の白熱した戦いや弁当の美味しそうな食レポなど、今回も楽しめて次にどんな「狼」に出会い、どんな戦いを繰り広げるのか楽しみです。

「ベン・トー」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題で、2023年2月28日の23:59までの期間限定になっています。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「ベン・トー」シリーズの6巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「ベン・トー」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「ベン・トー」シリーズの6巻の感想
  • 「ベン・トー」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント