「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記〜8(角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」 の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻のあらすじ
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻の感想
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻のあらすじ

バカンスも束の間――貴大、ついに正体≪レベル250≫がバレる――!?
闘技大会の景品に「VRゲームのイベント用アイテム」が出ることを知った貴大。皆は、それをただの宝石だとしか思っていないようだが「冗談じゃない。あれが使われたら大混乱になる」 異世界スローライフ第8弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻の感想

コロッセオでは貴大が黒騎士として出場し、景品のアイテムをゲットするために、奮闘するがメリッサやルートゥーたちとのやり取りが、ほのぼのとしていて緊迫した雰囲気が感じられない。

ただ、キリングとのバトルは熱い。

しかも、アルティのツンデレ感が半端なくかわいい。

アルティには貴大がレベルカンストしていることを知っていて、知らなかった時のトゲトゲしさがなくなり、ツンツンになりデレるからかわいすぎて癒される。

コロッセオの景品が厄介事になるから、頑張った貴大なのに、勝手にアイテムが発動する。

やる事なす事が裏目に出る貴大は、またまたグランフェリアの危機に陥り、救うために奮闘する羽目になる。

アイテムが発動して、同性同士がキスをするってのが、ぶっ飛んでいて面白い。

カオルの故郷に貴大とユミエル、ルートゥー、クルミアが行くことになるが、貴大は新米に食いついているのが面白い。

クルミアはカオルの従姉妹のヒナとのやり取りが和む。

弥彦の故郷にルートゥーに乗って行くことになるが、カオルも連れて行くことになるけど、説明をしないままだから思考がついていかず、あたふたするのは災難な目にあっていて面白い。

ただ、到着して宴会になり、ユミエルが普通にお手伝いをして、馴染んでいるのが笑えた。

お手伝いをする理由も笑えるが、変な馴染み方をするユミエルは、かわいく感じる。

玉藻前に乗っ取られるカオルだが、やり取りが面白いから、緊迫した感じがなくて笑える。

タマちゃんとカオルから呼ばれるが、ルートゥーにイジメられて、助けを求めにくるところはかわいい。

クルミアは置いていかれているのが気になるが、ヒナと遊んでいるのではと思うと、可哀想なのか可哀想じゃないのかわからない感じがある。

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻が読めるサブスク紹介

2022年2月28日23:59まで、BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻のあらすじ
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻の感想
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ8巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

7巻の感想は、下記を参照ください。

>>「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記〜7(角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」 の感想

コメント