「エロマンガ先生(5) 和泉紗霧の初登校 (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

interest
スポンサーリンク

無月黒羽です。

今回の記事は『エロマンガ先生』シリーズ5巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの5巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの5巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの5巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

について書いています。

スポンサーリンク

『エロマンガ先生』シリーズ5巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題

2022年1月31日の23:59までの期間限定です。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/


2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

\30日間の無料体験期間があり/

『エロマンガ先生』シリーズ5巻のあらすじ

「クリスマス」に「バレンタインデー」、イベント盛り沢山の人気シリーズ第5弾!
「おにーさんっ、クリスマスパーティやりましょうよ!」 12月、紗霧のクラスメイト・神野めぐみらの提案でクリスマスパーティを開くことになった和泉マサムネ。めぐみと山田エルフ、そして高砂智恵の初顔合わせや、エルフとっておきの“隠し球”、紗霧の可愛い企みなど、波乱必至のクリスマス。1月、マサムネは作家仲間の獅童国光、美少女イラストレーター・アルミの3人で『バレンタイン対策会議』を開いていた。全員が目当ての女子からチョコを貰うべく、激論を交わすのだが……! 3月、ラノベ作家たちのアニメ化バトルに決着がつき、和泉家は明暗分かれた同業者のたまり場と化していた。そんな中、兄妹の保護者である京香が帰ってきて……。兄妹別居の危機に、奮闘するのは意外な人物!? ラノベ作家の兄とイラストレーターの妹が織り成す、大人気シリーズ第5弾!!

引用元:BOOK☆WALKERより

『エロマンガ先生』シリーズ5巻の感想

マサムネと沙霧のやり取りは微笑ましさもあり、ニンマリしてしまいます。

反応がいちいちかわいい沙霧に癒される。

クリスマスパーティーをひらくことになり、マサムネの家にエルフ、ムラマサ、アルミ、智恵、めぐみが集まて賑やかさがある。

バラバラに会話をする自由さがカオスなんだけど、マサムネの周りには賑やかさで包まれている。

めぐみはすぐに馴染んでいるのが、やはり凄いと思う。

友達がたくさんいるのも頷ける。

アルミもエルフに嫉妬させる策で大胆な行動して、沙霧を怒らせるところは面白い。

マサムネもアルミも沙霧には弱いってのが、わかるから似た者同士みたいで仲が良い。

やはり、沙霧のいろんな表情を見せるからかわいい。

バレンタインではマサムネはアルミ、国光とで作戦を立てるが、ノリが楽しさを高めてくれる。

ただ、マサムネの疑惑は国光に解けていないところが面白い。

マサムネのストレートすぎる質問も面白いが、沙霧のぶっ飛んた発想でおかしな格好をするところは、面白さとかわいらしさがある。

マサムネと沙霧の保護者・京香が来襲するが、不器用な感じがする。

うちに秘めている何かを悟られないように、厳しく2人に接している節があり、誤解をされても仕方がない気がする。

ただ、沙霧の頑張りには感動した。

あと、めぐみが沙霧の助けになるところは、本当に友達になりたいという気持ちが全面に感じられて、感動が増した。

『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介

2006年、第12回電撃小説大賞に『十三番目のアリス』で第三次選考に残りデビューしました。

2008年から発表しているシリーズ作品『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』もあり、2010年10月に深夜帯でテレビアニメ化もされました。

同作のアニメ版の第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」では脚本も担当しています。

2013年より刊行された『エロマンガ先生』は2016年にテレビアニメ化が決定し、2017年4月より放送されました。

同アニメ版の第8話「夢見る紗霧と夏花火」や、第11話「二人の出会いと未来の兄妹」、第12話「エロマンガフェスティバル」では脚本を担当している。

『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

かんざき ひろは『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』も担当されています。

  • 織田広之
  • Hiroyuki ODA
  • 鼻そうめんP
  • HSP

などの別名義でイラストレーター以外にも、アニメーターや作曲家、編曲家としても活動もされています。

さいごに

今回の記事の内容は

  • 『エロマンガ先生』シリーズの5巻が読めるサブスク紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの5巻のあらすじ
  • 『エロマンガ先生』シリーズの5巻の感想
  • 『エロマンガ先生』シリーズの著者紹介
  • 『エロマンガ先生』シリーズの挿絵・イラスト担当紹介

についてでした。

関連>>>「エロマンガ先生(4) エロマンガ先生VSエロマンガ先生G (電撃文庫) / 伏見 つかさ」の感想

関連>>>ラノベ「エロマンガ先生」シリーズ全巻まとめ

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました