当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その3(MF文庫J) / 葉村哲」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔︎記事の内容

  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻の感想
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻のあらすじ

同好会の次なる使命は旧校舎の大掃除!若奥様スタイルにコスプレした一乃とキリカ、そして妹・リリスの壮絶なバトルが始まる!
荒谷学園ゲーム同好会。いっさいのゲームを拒否し、思いつくままに刹那の時を燃やしつくす少年少女たちが集う永遠の天国(かっこよくしてみた)。さて、同好会の次なる使命は、旧校舎の大掃除! 素早く若奥様スタイルにコスプレした一乃とキリカ、そして増殖する妹・リリス×2の壮絶なバトルが始まる! ほか、花火をする五人とか、宗司の家に泊まりにくる一乃とキリカとか、無人島に宝探しに出かけるとか。ぽろりしかない……だと!?  そして密かに語られる、宗司とリリスの秘密の過去――。葉村哲が贈る新感覚ラブコメディ(問題ない!)、第三弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻の感想

宗司、一乃、キリカが所属しているゲーム同好会は、ゲームはせずにおしゃべりや一乃とキリカが宗司をイジり倒すことばかりしている。

活動らしい活動をしていないのに、夏休みには集まる。

ただ、楽しい雰囲気がある。

一乃とキリカは、宗司をイジり倒す時は仲の良さを感じられる。

ある特徴に関する話題になったり、フッとした時には喧嘩をし、異能バトルに展開する手前までくる。

だから、仲がいいのか悪いのかわからないが、やりとりは面白くて笑える。

宗司は一乃やキリカ、リリスに翻弄されて、ツッコミを入れまくる。

しかも、父親のぶっ飛んだ感じがあり、馬鹿なことをするから気になる。

今後どんなふうになっていくのか楽しみです。

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔︎記事の内容

  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻の感想
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。