当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「出雲のあやかしホテルに就職します(9) (双葉文庫) / 硝子町玻璃」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻の感想
  • 「出雲のあやかしホテルに就職します 」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻のあらすじ

「ホテル櫻葉」は神様や妖怪が泊まりに来る出雲のお化けホテル。
ベルガールの時町見初やフロントの櫻葉永遠子をはじめ従業員もみな、人間も神様も妖怪も分け隔てなくおもてなしをしている。
そんなある日、「ホテル櫻葉に行けば、悩みも解決してくれる」との話を聞きつけた、変な妖怪たちが押しかけてきた。
彼らは、かつての主だった青年を助けてほしい、と懇願する。
その青年は消滅してしまった神の生まれ変わりだというが…。

笑って泣けるあやかしドラマ、待望の第九弾!

引用元:Amazonより

「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻の感想

見初と冬緒の関係が進展したのかが微妙ではあるが、お互いを知るために交換日記を始めたけど、普通に業務日記のような感じで面白い。

見初の鈍感さには、冬緒が前途多難ではあるけど、2人のやりとりは絶妙なテンポがあって笑える。

ただ、今までよりは微笑ましい。

風来と雷訪は、知らない間に人助けをしていたり、柚枝の手伝いで悲惨な目にあったりで面白い。

番外編のスマホを購入して、写真を撮りまくるところは可愛らしいが、ヤバいものばかりで笑える。

見初は何かを食べていることが多い。

焼き芋などさまざまで、少し太ると走り込みという単純さがあるけど、四季神の力に少し不穏な感じが見られ、今後どんな展開になるのかが楽しみです。

「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻の感想
  • 「出雲のあやかしホテルに就職します」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

についてでした。