「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記〜9(角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」 の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻のあらすじ
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻の感想
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻のあらすじ

何でも屋≪フリーライフ≫ののんびりライフは変わらない
カオルの故郷から戻ってきた貴大たち。いつもの日常が戻ってくるかと思いきや、ユミエルからまさかの告白があり――? 何でも屋≪フリーライフ≫ののんびりライフ、完結です!

引用元:BOOK☆WALKERより

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻の感想

優介の意味深な言葉を残し消えたことに、貴大たちは悪神対策をするが、ルートゥーは城を建てようとするぶっ飛んだ行動に笑える。

スケールがデカくて面白いが、混沌龍だから人間の発想を超える。

ただ、貴大の役に立ちたい気持ちもある感じが健気でかわいい。

メリッサは過去に決着をつけるために動いていたが、貴大に助けられてさらに懐いた感じがあり微笑ましい。

黒白コンビが貴大にじゃれつくの仲睦まじい感じが癒される。

ユミエルと貴大の関係は和むが、普段と違う行動をとると、お互いが疑心暗鬼になりぎこちなくなるの面白い。

ユミエルの場合は妖精三姉妹の発言によるものがほとんどで、面白い状態を作り出すから笑える。

収穫祭ではアルティのツンデレがかわいく、カオルのいじりにアタフタするのが面白い。

さらに、クルミアの発言によって笑える状況になるのがいい。

クルミアには悪気がなく、子どもならではで、かわいさを感じて癒される。

幻想世界ではれんちゃんの妹の蓮華と貴大のやり取りが面白い。

れんちゃんの天然な発言で、貴大と蓮華がハモってツッコミを入れるのが笑える。

仲がいいのか悪いのかわからないが、仲睦まじさを感じる。

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻が読めるサブスク紹介

2022年2月28日23:59まで、BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻のあらすじ
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻の感想
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ9巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

8巻の感想は、下記を参照ください。

>>「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記〜8(角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」 の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました