「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました(2) (双葉文庫) / 桑野和明」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻の感想
  • 「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻のあらすじ

迷路のように石畳の道が広がっている、東京・神楽坂。この街の片隅に、如月由那が勤める、あやかしの学校はあった。学校へと向かう途中、由那は学生服を着た少年から声をかけられる。聞けば、近くで万引きをしようとしている少女がいるので、止めさせてほしいという。なぜ自分で止めずに、見ず知らずの由那に頼むのか。それは少年がすでに事故で他界していたからだった…。人間とあやかし、それぞれの想いが交錯する、不思議だけど、ほんのりあったかストーリー。第二巻。

引用元:Amazonより

「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻の感想

如月由那とあやかしの生徒とのやりとりは微笑ましい。

ハニポンと白玉の面白くもかわいい会話は和む。

ほのぼのとした雰囲気のある授業風景にほっこりとさせてくれる。

秋斗の関係の方はあまり進展はないが、お互いが惹かれているのではないかと、第三者の意見で思わさせる。

やりとりも雰囲気もいい感じで、由那は秋斗にあやかし絡みで助けられているから。

今後の2人にも注目したい。

今回もいろんなあやかしと出会い、問題を解決をしたが、2章のエピソードは悲しく切ない気持ちになる。

秋斗曰く、あやかし以上に関わってはいけないと言うのは納得してしまう。

九尾の狐の比佐子と如月由那が目指す「人間とあやかしの共存」にはまだまだ遠いが、少しずつ前に進んでいるから応援したい気持ちになる。

「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻の感想
  • 「神楽坂0丁目-あやかし学校の先生になりました」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント