当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女15 (HJ文庫) / 鷹山誠一」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻のあらすじ

ハールバルズは倒れた--リーファの命を引き換えに。しかし迫るユグドラシル崩壊の刻を前に立ち止まるわけにはいかない勇斗は、休む間もなく世界制覇のための次なる布石を打つ。それは全宗主に、神帝への恭順を求める布告を行うことだった。そして当然のごとく布告に従わず、北進を始める《炎》の織田信長。ここに、召喚された二人の宗主の戦いの火蓋が、切られる。はたして勇斗のチートは、乱世の英雄に通用するのか!? 大人気評異世界ファンタジー戦記、風雲急を告げる第15巻!

引用元:BOOK☆WALKERより

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻の感想

《槍》の宗主のハールバルズをリーファが命と引き換えに倒すことができるが、勇斗はまたもや何かを得るために何かを失う出来事を経験する。

悲しく切ない状態でも、ユグドラシル沈没から国民を救うために立ち止まらずに、前を向いて動き出す。

ユグドラシルから脱出するために、イングリットに頼んでいた船を勇斗は見に行く。

だが、勇斗の変化を察したイングリットの優しさには感動する。

けど、イングリットはもう少し素直になればいいのにとは思う。

アルベルティーナとクリスティーナの双子の姉妹のやりとりは面白いが、転機が訪れる展開には姉妹愛を感じさせる。

クリスティーナのアルベルティーナイジりは笑えるが、今後のアルベルティーナの活躍が期待してしまう。

《炎》が動き出し、勇斗と織田信長の力と知がぶつかり合う展開は読み応えがあり、今後どんなふうになっていくのかが楽しみです。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの15巻が読めるサブスク紹介

についてでした。