「文句の付けようがないラブコメ2 (ダッシュエックス文庫) / 鈴木大輔」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻の感想
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻のあらすじ

廻る廻る輪廻が廻る。 神鳴沢(かなるざわ)セカイは死に、世界は作り替えられ、桐島優樹(きりしまゆうき)の通う高校に世界(セカイ)が転校してくるところから再び物語が始まった。 改変前の記憶がないふたりは何事もなかったかのようにまた出会い、優樹は身体の弱い世界が高校に行くための手伝いをするようになる。 ある時は登校の途中で、またある時は授業の途中で。体調悪化による早退を何度も繰り返すものの、世界は着実に『普通の高校生』に近づいていった。 そんな折、彼女の上履きが何者かの手によって隠される騒動が起きる。陰湿な行為に優樹は激怒するが、世界が示した反応は思いもよらないもので――

引用元:BOOK☆WALKERより

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻の感想

前巻で悲しい結末を迎えて改変される。

改変前の記憶はないのに、再び優樹と世界は出会う。

優樹の通う学校に転校生として世界がやってくるが、体調が悪くして不登校になってしまう。

世界を登校させるために優樹が奮闘し、接するうちに仲良くなるのは微笑ましい。

やりとりの時に、世界がデレるところはかわいくて癒される。

しかも、泣き虫なところは改変前と同じで、優樹があたふたするのが和む。

春子はブラコンなところがあり、優樹とのやりとりは、ぶっ飛んだ発言にツッコミを入れるけど、兄妹仲が良さを感じる。

賢さを感じるアドバイスなどがあり、末恐ろしさもあるが、健気さがあるからかわいい。

今回は前巻での展開になるのかハラハラドキドキしてしまう。

優樹と世界が幸せになってほしいと祈らざるをえない。

今後どんな展開になるのか楽しみ。

「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題にて、2021年6月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻の感想
  • 「文句の付けようがないラブコメ」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました