当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「神様たちのお伊勢参り : 9 縁結び神社に誘惑の香り (双葉文庫) / 竹村優希」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻の感想
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻のあらすじ

天照を通じた依頼で、高倉下が、刃こぼれした布都御魂剣を持ってやおよろずへやってくる。
この刀を作ったメノミカゲは、鍛冶は息子のオウイガツに任せているというが、「オウイガツの様子がおかしく、それどころではない」と断られる。
オウイガツは姿が霞のように薄くなり、消えかけているという……。
シリーズ第9弾!

引用元:Amazonより

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻の感想

仁によって天の過去が語られていて、幼い頃は生意気な天は今とは違っているから可愛らしく思える。

しかも、天と仁の関係が本当の兄弟のようで微笑ましい。

芽衣が過去を変えたことによって起きたことで心温まる。

天は芽衣に対して過保護すぎるほどに守ろうとする。

芽衣が猪突猛進で危なかしいから仕方がないが、どんどん仲が深まると微笑ましいも増していき、ほのぼのとする。

猩猩は気配を消すのに長けており、酒が好きな猿の妖だけど、不思議と芽衣に懐いている。

因幡に、猩猩に、シロに懐かれている芽衣は、ヒトに戻るために神様の困りことを解決に奮闘するなかで、これからどんな出会いなどがあるのかが楽しみです。

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻の感想
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント