当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「くじ引き特賞:無双ハーレム権9 (GA文庫) / 三木なずな」の感想

この記事は約2分で読めます。

無月黒羽です。

今回の記事は「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻の感想
  • 「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻のあらすじ

ついにコミカライズ決定!! 最強カケルの物語、第9弾!!
カケルの手によっていい女にされ、
すっかりアイギスの為政者として認められるようになった王女セレーネ。

一方、カケルの前にまた、新たにいい女になりそうな人物が現れた。

これまでに数々の奇跡を起こし、信者を増やしてきたソロン教の聖女メリッサ。

彼女が自身の希望とは別に、功績により法王に祭り上げられようとしていることを知った彼は、
あえて「神の声が聞こえる」という対立候補の少女に肩入れを始める。

その少女をいい女にするために、

遂にコミカライズ決定!!
WEB小説投稿サイト発の、大人気チートハーレムストーリー第9弾。 ※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください

引用元:BOOK☆WALKERより

「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻の感想

ミウはカケルのメイドでいたいという、健気なわがままが微笑ましい。

戦闘の時はナナが支えて、屋敷ではもふもふされてカケルを喜ばせるミウは、1人ですべてをこなす。

本館と別館の両方をする以外に、来客の対応で敵味方の識別までする有能さは凄い。

ただ、本人は過小評価するところがある。

カケルの周りの女性たちはミウのことを評価したいるし、カケルも評価しているから自信を持ってもいい気がする。

セレーネの変わりように、アブラアムは困惑する。

以前はわがまま王女だったから仕方ない。

カケルに出会い、カケルの周りの女性たちに教育を受けて、セレーネは変わった。

かなり素直になり過ぎている気がするが、日々成長しようと努力するところは、カケルのためだと思うも健気でかわいい。

メリッサは不死だけど、自己犠牲するところがある。

が、やりたいとこであるからカケルは応援をする。

法王に祭り上げられるのはやりたくないことで、カケルは別の人物を祭り上げるために奮闘する。

奮闘する理由はメリッサがやりたくないからというから、優しさが溢れている。

戦闘でのカケルの無双っぷりは見ごたえはあるけど、ほのぼのした日常も見どころがあり、ミウのもふもふやひかりの無邪気などがかわいくて癒されて和む。

今後のカケルの活躍が楽しみで期待ができる。

「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの読み放題のみで読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

2022年3月31日23:59まで、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻のあらすじ
  • 「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻の感想
  • 「くじ引き特賞:無双ハーレム権」シリーズの9巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

8巻の感想は、下記をご覧ください。

>>>「くじ引き特賞:無双ハーレム権8(GA文庫) / 三木 なずな」の感想

コメント