当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女11 (HJ文庫) / 鷹山誠一」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻のあらすじ

結婚式の最中に、神帝リーファの“《鋼》討伐令”を知った勇斗たち。同盟を組む氏族内にも不安が広がる中、勇斗はクリスにある指令を与える。一方、《剣》の宗主ファグラヴェールは、着々と《鋼》包囲網を構築していき――この難局を大宗主<レギンアーク>は如何にして乗り切るのか!? 新たな戦乱の鼓動が響く、大人気成り上がり異世界召喚戦記11弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻の感想

勇斗と美月の結婚式の最中に、神帝リーファの“《鋼》討伐令”の知らせが届く。

《剣》はじめとする《鋼》包囲網が形成されつつあるが、結婚式は続行させて盃をかわした子分たちに動揺させない配慮をする勇斗は凄い。

美月と一緒に居る時間は短いけど、やりとりは仲睦まじくて微笑ましい。

しかも、美月をはじめとする女性陣は、勇斗を支える存在になってきている。

《炎》の宗主が織田信長というところが驚く。

が、《雷》の宗主に手も足も出させない戦闘は圧巻したが、勇斗との話し合いでの威圧感は周りが可哀想な気持ちにさせるほど緊迫感がある。

勇斗は“《鋼》討伐令”対策をしつつ、ある事に備えて行動しているから、今後どんな展開になっていくのかが楽しみです。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの11巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント