「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記〜7(角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」 の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻のあらすじ
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻の感想
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻のあらすじ

夏だ! 水着だ! 何でも屋≪フリーライフ≫ ほっこりバカンス満喫中♪
青い空! 白い雲! 目にも眩しい真っ赤な太陽!
そんな心弾む夏の到来に、仕事のやる気を完全になくしたぐーたら店主の貴大。
しかし、なぜかユミエルから長期休暇の許可が――!?

貴大の気分は最高潮! 残りの仕事をササッと片付け、いざ、南国の楽園へ!
そこで待ち受けていたのは貴大ダイスキ白黒コンビ。
イルカに乗ったり、みんなで抱き着きコバンザメごっこをしたり、転移魔法で無人島にも上陸! 
時間を忘れてバカンス満喫……と思いきや、なんと貴大の生徒たちが漂流していて!? 

「課外授業を、始めます……っ!!」
楽しいバカンスは慌ただしいサバイバルに早変わり! 激動の夏休み、開幕!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻の感想

休みをもらえるようになった貴大は大喜びだが、ユミエルの心境の変化でもある。

貴大とユミエルのやり取りの最中にユミエルが、モーニングスターを手に持っているのが面白い。

貴大を起こす時に凶器を使うユミエルとの朝のやり取りは恐怖を感じるが、2人の関係の仲の良さがあり微笑ましい。

バカンスではユミエルの無表情の中にテンションが上がっているのではないかと感じる部分がありかわいい。

貴大と一緒にいるだけで嬉しいんだろうなとつくづく思う。

バカンス中の貴大とユミエルの元に、白黒コンビのメリッサとルートゥーが来襲。

白黒コンビはかわいいのだけど、レベルがカンストしているから厄介ではある。

貴大をめぐっての喧嘩は、度を越えなければ微笑ましい気持ちになる。

追い返すことは貴大にはできるだろうけど、レベルカンスト同士の戦いになり、一面が更地になること間違いなし。

見たいような見たくないような複雑な気持ちになる。

メリッサの転移魔法で無人島に行き、生徒に出会い、サバイバルをする羽目になる。

生徒たちがメリッサに恐怖するところは笑える。

貴大が教えているからか、少しずつ成長していく生徒たちを見ると感慨深い。

まだ、青臭さはあるが今後どんな成長していくのかが期待ができる。

「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻が読めるサブスク紹介

2022年2月28日23:59まで、BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻のあらすじ
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻の感想
  • 「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記」シリーズ7巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

6巻の感想は、下記を参照ください。

>>「フリーライフ 異世界何でも屋奮闘記〜6(角川スニーカー文庫) / 気がつけば毛玉」 の感想

コメント