当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「レトロゲームマスター渋沢3 (電撃文庫)/周防ツカサ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻の感想
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻のあらすじ

私もそろそろ 『レトロゲーム初段』 を名乗っていいころ合いだと思いませんか?
携帯電話でゲームをする渋沢をうらやましそうに見つめる委員長。家が厳しい委員長は携帯も通話のみのしょぼいものだったのだ。考えた渋沢は、委員長に 「携帯可能なゲーム機」。をプレゼント。しかし真面目な委員長は 「そんな高価なもの、ただで受け取れません。買い取ります」 と言い出して、いろいろあった挙句に、みんなで秋葉の実家のゲーム屋でバイトすることになり……!? ゆるゆる青春ゲームラブコメ、第3弾!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻の感想

渋沢とちひろの2人が、レトロゲームをやりながらのやりとりは仲睦まじさがあって微笑ましい。

今では隠れ家には瑞穂や奏恵がやってくるようになったけど、それぞれのやりとりは面白く楽しい雰囲気がほのぼのとする。

瑞穂の変人っぷりは引き気味にはなってしまうけど、賑やかさを与えてくれる。

奏恵とは言い争いのような感じではあるけど、ちひろとの関係とは形は違うが仲が良いと思える。

ゲームセンターに行ったり、隠れ家に籠城しゲームを行ったりとさまざまなことをみんなでやるから楽しい雰囲気が伝わる。

奏恵が期末の後から不機嫌にはなったものの、仲の良いやりとりやレトロゲームをやるところはいい。

ちひろによる渋沢の真人間計画は進んでいないところも面白い。

「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻の感想
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。