「京都桜小径の喫茶店~神様のお願い叶えます (一二三文庫) / 卯月みか」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻の感想
  • 「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻のあらすじ

京都で出会ったのは神使と謎の拝み屋さん!?古都京都で始まる人生どん底OLの恋物語
付き合っていた恋人には逃げられ、仕事の派遣契約も切られて人生のどん底の水無月愛莉。そんな中、雑誌に載っていた京都の風景に魅了され、衝動的に京都「哲学の道」へと訪れる。そして「哲学の道」ヘと向かう途中出会った強面の拝み屋・誉との出会いをきっかけにたどり着いた『Cafe Path』で新たな生活をスタートするのだが……。古都京都を舞台に豆腐メンタル女子が結ばれたご縁を大切に、神様のお願い事を叶える為に奔走する恋物語。

引用元:BOOK☆WALKERより

「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻の感想

水無月愛莉は1泊2日で京都に向かう。

そこで、神使と誉、颯手に出会い、神さまのお願い事を叶えるために奮闘する。

普通は見えざるものが見えたら戸惑いを感じて、受け入れるまでかなり時間がかかりそうなのだが、愛莉はすんなりと受け入れていて面白い。

母方が神社関係だからこそのはやさ。

誉は強面な見た目なのに、愛莉の欠点を見方を変えて伝える優しさがある。

しかも、本業は漫画家で、副業は祓い屋をやっているが、本業の方は開店休業中ってのが面白い。

神さまのお願いことで関わったエピソードは、どれも胸にジーンとくるもので、時に考えさせられる。

しかも、陰陽道や神道についても語られていて興味深い。今後どんなふうになるのかが楽しみです。

「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題で、2023年1月31日の23:59までの期間限定になっています。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻の感想
  • 「京都桜小径の喫茶店」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント