「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌その4(MF文庫J) / 葉村哲」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔︎記事の内容

  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻の感想
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻のあらすじ

目指せ、○○化! ……の前に、一乃のピンチ!?
「お目覚めなさい、ご主人さま」超目覚めの悪い感じで毎朝が訪れる荒谷学園ゲーム同好会の夏休み。白崎家では一乃、キリカが泊まりこむ合宿が開催されていた。双子の妹リリス×2と二人が毎秒ごとに宗司を巻き込む喧嘩を繰り広げる中、チャイムが鳴ったドアの向こうには。「そうじ、はじめまして、フェルはあなたの……あなたの、なに?」燃えるような瞳に真っ白肌、ネコ耳&巨乳、妹みたいに小さめな……なんか色々ちょっとずつかぶっちゃってる感じの美少女だった!新たな火種とともに、ついに物語の核心の予感!? 葉村哲が贈る新感覚ラブコメディ(かも?)、第四弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻の感想

夏休みの間、一乃とキリカが白崎家に泊まり込む。

普段は部活で顔をあわせている面々が、夏休みでは騒々しいぐらい賑やか。

毎回毎回、宗司は災難な目にあうから面白い。

一乃、キリカ、リリイによって、イジられる日々を送りながらも、仲の良い雰囲気がある。

時に喧嘩をしたりして、挙句に異能バトルに発展はするけど。

ただ、それぞれ照れるところがかわいいです。

そんな中でフェルという謎の少女が登場。

宗司は一乃たちに振り回されているのに、フェルにもイジられて笑える展開になる。

突然現れては、かき乱しするから厄介さはあるが楽しい光景でもある。

夏休みでも関係なく、宗司と一乃たちのやりとりは面白く笑える。

宗司の本当の思いはこれから先、どんな展開になっていくのか楽しみです。

「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻の感想ブログでした。

✔︎記事の内容

  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻の感想
  • 「おれと一乃のゲーム同好会活動日誌」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント