「銀の竜騎士団 王女とウサギの秘密の王宮 (角川ビーンズ文庫) / 九月 文」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「銀の竜騎士団」シリーズの2巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「銀の竜騎士団」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「銀の竜騎士団」シリーズの2巻の感想
  • 「銀の竜騎士団」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「銀の竜騎士団」シリーズの2巻のあらすじ

王女シエラの竜騎士団修行、困難だらけの第2の試練!? 王女シエラの初外交、失敗は許されない!! シエラは身分を隠し、竜騎士団で修業中。鬼隊長スメラギには怒られてばかりだけれど、そばにいたい想いはつのっていくばかり……そんな中、シエラは王女として帝国の皇子の接待を命じられる。だけど、その側役にはスメラギがつくことに!? 王女とバレれば今の関係が壊れちゃう!! 「今度こそ絶対気づかれる!!」秘密がいっぱいの王女と竜騎士の二重生活、一体どうなっちゃうの!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「銀の竜騎士団」シリーズの2巻の感想

シエラは王女であるが、ルーシェとして黒竜隊の従騎士もしている。

2つの異なる生活をこなしているようで、ルーシェの時はよくスメラギに怒られている。

ただ、スメラギは厳しいことを言うがルーシェのためでもあるし、優しい言葉をかけるところがある。

そんなスメラギにルーシェはドキドキしたり、妄想が暴走するところが可愛い。

やり取りが微笑ましい気持ちになる。

ルーはやはり可愛い。

時間限定で成竜化はできるが、普段は幼竜なところがいい。

今回は王宮での場面が多くあり、ルーシェは本来の姿であるシエラとして行動をする。

帝国の皇子をもてなすために、側役にスメラギが担うが、なぜかシエラとルーシェが同一人物だと思われていない。

鈍感すぎるスメラギにシリスが楽しそうなのが面白い。

それに、気づけよ!ってスメラギにツッコミをいれたい気分になる。

いつになればスメラギはシエラとルーシェが同一人物だと気づくのか、今後の展開がワクワクして楽しみになってくる。

「銀の竜騎士団」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの読み放題で読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「銀の竜騎士団」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「銀の竜騎士団」シリーズの2巻の感想
  • 「銀の竜騎士団」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

「銀の竜騎士団」シリーズの2巻の感想については、下記を参照してください。

関連>>>「銀の竜騎士団 死神隊長と見習いウサギ(角川ビーンズ文庫) / 九月文」の感想

コメント