「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ (双葉文庫) / 小早川真寛」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻の感想
  • 「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻のあらすじ

機織り宮女として後宮で働いている盲目の氾蓮香。目が見えないゆえに些細な音や気配などを感じ取ることに長けている彼女は、後宮で問題となっていた幽霊騒動を意図せず解決してしまう。その褒美として蓮香のもとに皇帝が訪れることになったのだが、彼女は皇帝の「ある秘密」に気づいてしまい―!?後宮の闇に隠された愛と謎の真相に挑む、超絶怒濤の中華後宮ラブ&ミステリー!

引用元:Amazonより

「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻の感想

蓮香は盲目ながらも、機織り宮女として働く。

視覚以外の五感がすぐれているため、微細な音や匂いなどで謎解きをする。

お世話役の林杏とのやりとりは面白く、仲の良さを感じられる。

幽霊騒動について謎解きをして解決するが、皇帝と出会い褒美を与えると言われても、頑なに機織り宮女でいることを選ぶ。

ただ、何度も皇帝が来訪し、遠ざけようとする蓮香だが、のらりくらりとかわされるやりとりは面白い。

後宮でのいろんな騒動を謎解きをするが、悲しくも切ないものもあり、胸を締め付ける思いにもなる。

女の欲などもあり、ゾッとするところもあるが、皇帝たちとのやりとりは微笑ましい気持ちになる。

皇帝の恋愛の展開も気になる。

今後はどんな騒動を謎解きし、皇帝たちのやりとりをするのか楽しみ。

「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻の感想
  • 「盲目の織姫は後宮で皇帝との恋を紡ぐ」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント