当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「妖狐禁猟区 真白き姫の覚醒 (角川ビーンズ文庫) / 河合ゆうみ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「妖狐禁猟区」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「妖狐禁猟区」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの2巻の感想
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「妖狐禁猟区」シリーズの2巻のあらすじ

選ばれし少女と最恐守護男子の学園ダーク・ラブ第2弾!
妖を祓う唯一の能力を覚醒させた女子高生・白咲日菜だが、制御できない“香り”に群がる妖たちに狙われる日々。そんな彼女を守るため超俺様な守護役・風雅はひとつ屋根の下能力を完全に操る修行生活を強行するが!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「妖狐禁猟区」シリーズの2巻の感想

破邪の力に覚醒した日菜は、「香り」を制御できずに、妖たちに未だに狙われる。

妖世界の十三長老からの刺客があらわれ、風雅は自分の屋敷に日菜を連れて行く。

守るために対策ではあるが、ひとつ屋根の下での生活する展開になる。

日菜と風雅の関係性も少しずつ変わってきていて微笑ましい。

風雅は日菜のことを愛おしい感情を抱いていて、日菜も風雅のわかりにくい優しさに気づき惹かれている。

やりとりが仲睦まじさがあり、イチャイチャした雰囲気が出ている。

しかも、日菜が風雅に甘えるようになってかわいさも感じられる。

戦闘シーンもあり、見ごたえがある。

緊迫感のある場面でも、日菜と風雅のいい雰囲気が絶妙で微笑ましさを感じる。

日菜の幼なじみの剣の登場し、活躍するところはカッコいい。

それぞれが日菜を守るために、全力を出すから勇ましさもある。

「妖狐禁猟区」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題にて、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「妖狐禁猟区」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「妖狐禁猟区」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの2巻の感想
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。