「ニセモノ皇帝と三人の従者(美形) (ビーズログ文庫) / 神奈木智」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔︎記事の内容

  • 「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻の感想
  • 「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻のあらすじ

(女の子だけど)皇帝の影武者、はじめました。 逆転王道ラブファンタジー、開幕です!!
勝気な少女メグは、ある人物に姿が似ているのを見込まれ、理由がわからぬまま王宮に連れてこられる。その人物とは、13歳の若さで皇帝となった少年王ユウェル。そう、メグは暗殺の危険がある彼の身代わりとして呼ばれたのだ! クールな摂政シオン、人懐こい騎士スフィル、そして我儘皇帝ユウェル本人が彼女の護衛兼監視役に付き、他国の姫との見合いに臨むが……!? 逆転王道ラブファンタジー!

引用元:BOOK☆WALKERより

「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻の感想

メグの勝気なところが、時にカッコよさを感じさせる。

屈強な男たちに対しても、臆することなく立ち向かうところが。

ただ、その後のへたり込む姿はかわいさがある。

両極端なところにギャップを感じる。

妹とともに新しく皇帝になるお披露目に行き、事件に遭遇してしまい、警備の兵士によって立ち往生する。

が、メグが食ってかかり、シオンと出会う。メグのカッコよさがこの時も発揮される。

メグは母の形見で父と喧嘩をして、取り戻すために行動をとる。

スフィルに出会い、ガラの悪い男たちに絡まれて、2人で立ち向かう。

逃すためだったのに、勝気の方が勝った結果だから、意図と違う形になっていて面白い。

シオンとスフィルに出会ったことで、皇帝の身代わりならびに囮役にメグが任命される。

ユウェルとの出会いは、災難ではあったが、本音を聞き、頑張ることになるメグはお人好しなのではと考えてしまう。

メグは男装してユウェルの身代わりに、ユウェルがぶっ飛んた行動で女装という、面白い展開になって笑える。

ただ、シオンやスフィル、ユウェルたちのやりとりは、接するうちに変わってくる関係性が、微笑ましくあって今度どんな展開になるのか楽しみです。

「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔︎記事の内容

  • 「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻の感想
  • 「ニセモノ皇帝と三人の従者」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました