「オタサーの姫と恋ができるわけがない。2 (ファンタジア文庫) / 佐倉 唄」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻の感想
  • 「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻のあらすじ

プールに祭りにコミケ合宿! オタクの夏に恋なんてない……はず
ニジケンの合宿はずばりコミケ3日間フル参加だ。仙台から東京に降り立った心路たちは、聖地アキバや同人誌の海に興奮を隠せない。でもこれは、定番イベント「夏合宿」。ひそかな恋が始まらないわけがない――?

引用元:BOOK☆WALKERより

「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻の感想

心路以外はサークルメンバーが女性だから、百合姫のオタサーの姫は発揮されないのは、面白いところではある。

サークルメンバーは全員個性かあり、かわいさがあり、癒される。

高校生の中に天架だけが中学生で、語尾に「ニャン!」ってつくのがかわいい。

天架と雫九とのやり取りは微笑ましい。

サークル内で年上と年下の関係なのに、超越された感じがある。

サークルメンバーで、プールに行ったり、夏祭りに行ったり、コミケに行く。

やり取りが面白く、賑やかさがあり、楽しい気持ちになる。

クールな雫九がプールではデレるところや、秋葉原に行く道中のテンションが高いところや、メイド喫茶でのプルプル震えながらデレるところはかわいい。

継未の情けない涙声は面白いが守ってあげたい気持ちになる。

個性的な面々ではあるが、皆オタクだから、トークもラノベやアニメ、ゲームのネタが多くある。

知っている作品があると嬉しくなり、知らない作品があると興味をしめしてしまう。

今後のストーリー展開やサークルメンバーのやり取りが楽しみで仕方ない。

「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズはBOOK☆WALKERの読み放題で期間なく読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻の感想
  • 「オタサーの姫と恋ができるわけがない。」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント