「新妹魔王の契約者Ⅲ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻のあらすじ

お前達に教えてやろう。決して抗えない絶望と快楽を――
澪を狙う勇者族を退けた刃更たち。だが、魔界では澪の仇であるゾルギアが動き出した。再び穏やかな日常を送る刃更たちに忍び寄るゾルギアの魔の手。一方、万里亜の様子がおかしいことに気づいた刃更は!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻の感想

澪が契約の呪いで、刃更のことを「お兄ちゃん」って呼ぶところは、かわいすぎる。

万理亜のイタズラで、東城家はエロさと賑やかさがあるが、柚希が同居人になったことで、さらに増して楽しい。

さらに、柚希までもが契約をするから、カオスな雰囲気になって笑える。

柚希は澪に対抗意識を持っているから、ぶっ飛んだ行動にでるが、刃更に行為があるから仕方ない。

澪と柚希が名前で呼び合う場面は微笑ましい。

お互い敵同士だけど、刃更への好意で繋がっているから、ハラハラドキドキする関係ではある。

戦闘では2人の息が合うところは凄いと思う。

お互いの力量を知っているからなのか、刃更に対しての好意なのか、その両方かも知れないけど、即席のダッグとは思えないほど興奮した。

万理亜の家族がゾルギアの策略により、囚われてしまい、切なくもあり悲しくもある決断をさせる。

ただ、刃更は強さと優しさで救って守ることを貫き通したところは感動。

エロさでもバトルでも興奮されてくれるから、ワクワクドキドキが止まらない。

今後はどんな展開になるのか楽しみ。

「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻の感想
  • 「新妹魔王の契約者」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

4巻の感想は、下記を参照ください。

>>「新妹魔王の契約者Ⅳ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

2巻の感想は、下記を参照ください。

>>「新妹魔王の契約者Ⅱ(角川スニーカー文庫) / 上栖 綴人」の感想

コメント

タイトルとURLをコピーしました