「妖狐禁猟区 漆黒の専制君主 (角川ビーンズ文庫) / 河合ゆうみ」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「妖狐禁猟区」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「妖狐禁猟区」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの1巻の感想
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「妖狐禁猟区」シリーズの1巻のあらすじ

最恐美麗の妖と極上の“香り”を持つ少女の学園ダーク・ラブ・バトル!
「全寮制私立煌陵学園」に転校した白咲日菜。登校初日、彼女の前に現れたのは、漆黒の髪に鋭利な瞳の美丈夫・風雅。「美味そうな香りがする」と言い強引に日菜の体に口づけたその正体は、妖で――?

引用元:BOOK☆WALKERより

「妖狐禁猟区」シリーズの1巻の感想

15年間普通に生活をしてきた日菜は、母からある時に妖の血が目覚め「破邪」の能力が開花するといわれる。

日菜は戸惑い、妖にならない方法を探る。

今まで普通にしてきたことが変わると言われると困惑し、苦悩するのは当たり前で、抗おうとする姿に応援したくなる。

「全寮制私立煌陵学園」で風雅に出会う。

破邪は妖狐に守られ、妖狐は破邪を守るというのが習わしとなっている。

ただ、風雅は俺様気質が強くて、日菜との出会いが強引さがある。

しかし、少しずつ日菜に接するうちに、気になる存在になっているところは微笑ましい。

幼なじみと再会や由樫と友達になったり、学校生活は充実している感じがある。

そんな中で、友人の由樫の件や妖に襲われて、覚悟を決める日菜。

今後の日菜や風雅の関係がどんなふうになるか楽しみです。

「妖狐禁猟区」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERの文庫・ラノベ読み放題にて、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「妖狐禁猟区」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「妖狐禁猟区」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの1巻の感想
  • 「妖狐禁猟区」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました