当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「佐伯さんと、ひとつ屋根の下 I’ll have Sherbet! 3 (ファミ通文庫) / 九曜」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻のあらすじ
  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻の感想
  • 佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの3巻のあらすじ

ちょっとHな女の子と、同棲&学園ラブコメディはいかがですか?
夏から秋へ、ふたりの距離はさらに近づくはずだったのに――?  常に冷静な弓月くんと、とびきりの美少女なのにちょっとHな佐伯さんが繰り広げる、同棲&学園ラブコメディ。

引用元:BOOK☆WALKERより

佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻の感想

弓月と佐伯さんが通う水の森高校は夏休みに入る。

家の中でも仲睦まじい雰囲気を醸し出すから微笑ましく思える。

恋人同士になったことで、さらに仲睦まじさが増している。

佐伯さんの友達の桜井さんのお誘いでプールに行くことになり、弓月の友人たちも居て賑やかさがある。

しかも、佐伯さんと桜井のやりとりは百合感がある微笑ましい光景で、桜井は佐伯さんをからかっているような感じもいい。

学園祭では弓月のクラスでは、コーヒーを出すことになり裏方で活躍する。

弓月は普段からコーヒーを嗜んでいるから。

クラスメイトの雀とのやりとりは、以前は勘違いをしていてギスギスしていたが、今では普通になって微笑ましい。

夏休みはプールに行ったり、弓月は帰省をしたり、佐伯さんの両親の引っ越しの手伝いをしたり、さまざまなことがあったけど、弓月と佐伯さんのやりとりは今後も楽しみです。

佐伯さんと、ひとつ屋根の下シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻の感想
  • 「佐伯さんと、ひとつ屋根の下」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。