当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「レトロゲームマスター渋沢2 (電撃文庫)/周防ツカサ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻の感想
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻のあらすじ

「渋沢くんはスペラ●カーさん並みにダメダメですっ!」
前回、なんとか学業とゲームの両立を成し遂げたレトロゲーム依存症の堅物委員長・早坂ちひろ。放課後ゲームをする旧宿直室、通称 「隠れ家」 にも平穏が戻ってきた……はずが、マゾゲーマーの秋葉瑞穂や、娯楽には潔癖な西園寺奏恵の二人が増えたことにより、微妙なトラブルが次から次へと勃発。しかも委員長は、進路や学校の課題で新たな悩みを抱えて……。師匠(マスター)渋沢は果たしてどうする……!?

引用元:BOOK☆WALKERより

「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻の感想

渋沢とちひろの2人だけの放課後の2時間が、今では瑞穂や奏恵が加わり、賑やかさが増していく。

2人だけのレトロゲームをやりながらのやりとりもちゃんとあってほのぼのする。

奏恵はちひろと仲良くしたいのではないかと思えることばかりをするけど、素直になりきれずに空回りしていて可愛らしい。

瑞穂は普段とレトロゲームのやりとりはまともなのに、癖がでると面白さがある。

ちひろは渋沢を更生させるためだったはずが、レトロゲームにハマり、本来の目的は達成されるのかが今後楽しみです。

2人の関係性も気になるところです。

「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻の感想
  • 「レトロゲームマスター渋沢」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。