当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」シリーズ全巻のあらすじ・感想

この記事は約3分で読めます。

今回の記事は、「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログです。

「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」シリーズは1巻まで刊行されており、各巻のあらすじと感想を紹介しています。

「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」のあらすじ・感想

「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」のあらすじ

ただ、『普通』の生活を送りたいだけなのに……。

三ヶ月前、突然『人ではないもの』が見えるようになってしまった琴子。
外に出るたびにあやかしたちに驚かされ怯える日々が続き、とうとう家から出るのさえ怖くなり引き籠り生活になってしまった。
ある日買い物に出かけた先で出会った伊織の誘いで、あやかしと人間の共存を支援するシェアハウスで働くことに。
そこでの生活で琴子は、あやかしは恐ろしいだけの存在じゃないと知っていく…。

京都の上七軒にある不思議なシェアハウスを舞台に起こる人間とあやかしの温かな人情物語。

引用元:Amazonより

「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」の感想

琴子は3ヶ月前から突然に、本来見えないものが見えるようになり、『普通』の生活がおくれなくなる。

ただ、幽霊の方はすぐに恐怖を感じなくなったが、あやかしは追いかけられるという体験をしたために、恐怖の対象として捉えて悩み苦しむ。

ある日、九尾の狐に助けられて、あやかしと人間の共存を支援するシェアハウスを運営する伊織と出会う。

伊織の誘いで琴子はシェアハウスで働くことになるが、そのシェアハウスはあやかしと人間の共存を支援するために、さまざまなあやかしが伊織の元に相談にやってくる。

その度に恐怖をするが、少しずつ認識を改めて奮闘するけど、なかなかうまくいかない。

ただ、シェアハウスに住むあやかしたちのやりとりは微笑ましく、『普通』の生活ではないがほのぼのとする。

猫又と出会いが琴子にとって分岐点となり、あやかしに対して理解をしようとするようになる。

>>>目次に戻る

「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」シリーズ全巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は、「京都上七軒あやかしシェアハウス (マイナビ出版ファン文庫)/烏丸紫明」シリーズ全巻のあらすじ・感想のブログでした。