当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ 6(MF文庫J) / 鈴木大輔」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻の感想
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻のあらすじ

健気妹キャラ、ありさ登場! 強力なライバル出現に秋子は……?
「……えへ。よろしくお願いしますね、秋人にいさま」 鷹ノ宮ありさ――このたび着任した、12歳の学生寮管理人。学業優秀、家事万能、そのうえ名門・鷹ノ宮家のご令嬢であり、しかも僕こと姫小路秋人の婚約者でもあったりする。そんな子がいきなり現れて、なんの騒ぎも起こらないはずがない。とりわけ、僕の妹で極度のブラコンである秋子の反応は過敏なようで――「お兄ちゃんの妹は世界にただひとり、このわたしだけです!」……うん。まあそうなるよね。妹ポジション奪われそうだもんね、このままだと。はてさて妹キャラのこのふたり、いったいどんな騒動を巻き起こすのか――詳しくはページをめくってみて!

引用元:BOOK☆WALKERより

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻の感想

秋人と秋子のやりとりは面白い。

しりとりでは、秋子の願望をのせた言葉ばかりで、ぶっ飛んでいるのに秋人はそれを受け入れつつも、意趣返しをするから笑える。

秋子のブラコン度は周りが引くぐらいだけど、惚気話っぽい感じも含まれている。

生徒会会長の嵐は、秋人と秋子の兄妹の秘密を知っているけど、秋子は知らないから知った時どうなるのかが期待してしまう。

今でもアプローチはガンガンしていて、2人のやりとりは微笑ましさがあるけど、加速していくのではないかという思いもする。

アナスタシアは家事能力が皆無なために、あることで思い悩む羽目に陥る。

ただ、あることがくだらないから笑える。

そして、秋子との出会いなどの思い出を、アナスタシア視点で描かせていて面白い。

やはり、秋人とアナスタシアのやりとりは安定感がある。

「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻のあらすじ
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻の感想
  • 「お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ」シリーズの6巻が読めるサブスク紹介

についてでした。