「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの? だって好きなんだもん (MF文庫J) / 三月みどり」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻の感想
  • 「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻のあらすじ

ウザいけど一途でかわいい神様との100%学園ラブコメ!!
「優吾(ゆうご)よ、そんなに天真陽毬(てんしんひまり)が好きなのか?」
「あぁ。俺は天真が好きだ」
「ど、どうして我(われ)のことをす、好きになってくれないのだ。我はこんなにも美しくて胸も大きいというのに。我は優吾のことが好きだ! だからわ、我と付き合ってください!」
「すまん月宮。俺はお前とは付き合えない」
「そんな!? 我じゃダメなのか? お前の想いは絶対に天真には届かないぞ。何故なら、我がラブコメの神様でこの力で優吾の告白を邪魔し続けるからだ!」
「お前はそんなに俺の恋を邪魔したいのか?」
「うん」
「即答!?」
「だ、だって……わ、我は、優吾のことが好きなんだもん! だ、だから、優吾は早くあの女を諦めて、わ、わわ、我を好きになってください!」
【電子特典!書き下ろし短編付き】

引用元:BOOK☆WALKERより

「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻の感想

アテナは優吾に対して、真っ直ぐな気持ちを伝えつつ、アプローチをかける。

顔を赤くしてでも伝えるところはかわいい。

優吾は陽毬に恋をしているから、答えることができないのが、切ない気持ちになる。

ただ、やり取りは面白く、健気さがあり微笑ましい気持ちにもなる。

アテナの妹・ユノはシスコンのツンデレなところがかわいい。

優吾のやり取りは笑えるところが多い。

シスコンはシスコンでも、恋愛感情を抱くほど、姉好きってのが面白い。

陽毬と優吾のやり取りは初々しさがあり微笑ましい気持ちになる。

今では陽毬は学園のアイドルだけど、以前は地味な感じの女の子で、その時から優吾はあるキッカケがあり、恋心を抱くようになる。

アテナに邪魔をされ、アプローチをかけられても、陽毬への一途な気持ちに揺るがないのは見習いたい。

今後の展開がどうなるのか期待してしまう。

陽毬に告白はできるのか、アテナのアプローチはどんなふうになるのか、ユノとのやり取りも気になる。

「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻の感想
  • 「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

関連記事

2巻の感想は、下記を参照ください。

>>「ラブコメの神様なのに俺のラブコメを邪魔するの?2 す、すみましぇんですの (MF文庫J) / 三月みどり」の感想

コメント