当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女3 (HJ文庫) / 鷹山誠一」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻のあらすじ

今や《狼》の宗主として押すに押されぬ存在となった勇斗。だが二年前、この世界に迷い込んだ頃の勇斗は未熟な一人の“少年”に過ぎなかった。そんな勇斗を成長させたのはフェリシア、イングリットら麗しき戦乙女達、そして頼れる兄貴分の存在……。弱肉強食の世界で勇斗はいかにして王に成り上がったのか? 今語られる覇王降臨編《エピソード・ゼロ》!

引用元:BOOK☆WALKERより

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻の感想

悠斗が戦乱の黎明世界「ユグドラシル」に迷い込んで、《狼》の宗主になる2年前の話が語られている。

最初は戸惑いがあり、帰れるかもという希望があって行動をしていくが、打ち砕かれて絶望を味わう。

ただ、フェリシアが勇斗に負い目を感じながらも、寄り添っているのが救いではある。

絶望を味ったから八つ当たりをしてしまう勇斗だが、前宗主の言葉に響き、諦めない意志を見せて奮闘する。

そして、「ユグドラシル」の《狼》で家族を得て、大事にし守ろうとする姿勢は、危機により眠れる獅子が覚醒する。

さらに、一匹狼だったジークルーネが、勇斗に対して忠犬になる。

ジークルーネの忠犬っぷりは可愛らしい。

最初の頃とは打って変わって、手のひら返しではあるけど、忠犬になった後な勇斗とのやりとりは微笑ましい。

しかも、フェリシアとのやりとりは面白さもあるけど、仲の良さを感じさせる。

アルベルティーナとクリスティーナのやりとりが、この2人らしい仲睦まじさがある。

しかも、面白いので笑える。

アルベルティーナはクリスティーナにイジり倒されるところは微笑ましい。

2年間の出来事があって、勇斗は成長し、《狼》の宗主として奮闘している。

まだまだ、不穏な動きがありつつも、元の場所に戻る術を探している。

今後どんなふうになるのかが楽しみです。

「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻の感想
  • 「百錬の覇王と聖約の戦乙女」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント