「こんこん、いなり不動産 (マイナビ出版ファン文庫) / 猫屋 ちゃき」の感想

interest

無月黒羽です。

今回の記事は「こんこん、いなり不動産」シリーズ1巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズ1巻のあらすじ
  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズ1巻の感想
  • 「こんこん、いなり不動産」シリーズ1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「こんこん、いなり不動産」シリーズ1巻のあらすじ

不思議なご縁に導かれ、あやかし達が家探し…?キツネ顔の社長が営む、心温まる不動産屋さんへようこそ―。

「お風呂が、うんと汚いお部屋をお願いします」
やって来るお客さんの要望はメチャクチャで…!?

不動産屋に入社して3年目の亜子は、先輩からの嫌がらせに耐えられず落ち込んでいた。そこへ見知らぬキツネ顔の男、『井成不動産』の社長・井成幸吉が声をかけてくる。やがて稲荷神社の近くの店で亜子は働き始めるが、一風変わった客ばかりやってきて―。ペット可の物件を求める人面犬や、古民家リノベに奮闘するシェアハウス仲間の雪女&のっぺらぼう&ろくろ首トリオなどが望む物件は…? こっそり妖(あやかし)が共存する町の、ふしぎな不動産屋ストーリー! 『第2回お仕事小説コン』特別賞受賞作!

引用元:BOOK☆WALKERより

「こんこん、いなり不動産」シリーズ1巻の感想

亜子の適応力が半端ない。

井成幸吉が社長を勤める不動産屋で働くことになって、妖怪のお客さんが来ると最初は戸惑うがすぐに対応するところとか。

人面犬や雪女、のっぺらぼうにろくろ首などに出会っても肝が据わっていて逞しさを感じる。

ただ、虫が苦手ってのが面白い。

妖怪とかは大丈夫なのにってツッコミを入れたい気持ちになる。

幸吉と亜子の会話のやり取りも面白くて楽しい。

座敷わらしが可愛らしくて癒される。

不動産業界の話も興味深いものがあり、妖怪たちも個性があって、心温まるエピソードばかりでほのぼのとする。

「こんこん、いなり不動産」シリーズ1巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「青い月の夜、もう一度彼女に恋をする」のあらすじ
  • 「青い月の夜、もう一度彼女に恋をする」の感想
  • 「青い月の夜、もう一度彼女に恋をする」が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました