「緑王の盾と真冬の国2 (カドカワBOOKS) / ぷにちゃん」の感想

interest




無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻の感想
  • 「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻のあらすじ

この国を春にするための力を求めて、「盾」の私は王子と隣国へ旅立つ!!
欠けさせてしまった“春を呼ぶための力”を取り戻すため、パートナーのアークと、その騎士リングとともに隣国を訪れた私。だがその先にいたのは――双剣の精霊!? しかもリングに取り憑き襲いかかってきて……!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻の感想

アーク、ハーミア、リングは、春を呼ぶためにクリスタルのカケラを探す旅に出る。

そして、リングはアークの非公式ながらも騎士になり、常に側で剣として切り開く。

2人の信頼や友情は眩しい。

戦闘では連携が冴え渡り見ごたえがある。

アークとハーミアの信頼などはリングよりも上で、仲睦まじい雰囲気が微笑ましくてほのぼのとする。

クリスタルのカケラを求めて南に行く途中で双剣ダリアと出会う。

ハーミアと同じ雰囲気があるが、性格が違っていて、リングの双剣に仮宿となる。

最初はダリアの姿が見えるのはハーミアとリングのみだったが、日々ともに過ごすうちに、4人がお互い姿も見えて会話もできるようになり、やりとりが仲睦まじい雰囲気があって微笑ましい。

「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻のあらすじ
  • 「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻の感想
  • 「緑王の盾と真冬の国」シリーズの2巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント