当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「神様たちのお伊勢参り(3) 護りの巨人とうなぐひめ(双葉文庫) / 竹村優希」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻の感想
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻のあらすじ

11月になり、『やおよろず』の辺りも寒さが厳しくなったきた。
中秋の名月は過ぎたがお月見をすることになり、天、燦、因幡とともに準備を進める芽衣。
近くの野原にススキを調達に行った芽衣は、鹿屋野比売神という神様に出会う。
彼女は「夫も天さんにお世話になっている」と言うが――日本中の神様が
お伊勢参りにやって来る宿『やおよろず』を舞台に、神様との心温まる交流を描いた大人気シリーズ。

引用元:Amazonより

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻の感想

寒くなって因幡を抱きついて暖を取ろうとする芽衣は面白い。

ずる賢い因幡のイタズラに手を焼いているのに、本気で叱りつけている芽衣のやりとりはほのぼのする。

芽衣は因幡のことを友人と言っているのも、いい関係性で、これからも仲良く微笑ましいやりとりをしてほしい。

神さまたちが泊まりに来る『やおよろず』で、いろんな出会いをして、芽衣はどの神さまたちからも親しげにされているのがほっこりする。

道臣命と宇奈岐比咩のやりとりは微笑ましい気持ちにさせてくれる。

宇奈岐比咩と芽衣が似ているところがあって、道臣命と天の気苦労が絶えないが微笑ましさがある。

『やおよろず』が働く者たちにとって、かけがえのない場所になっているのが、とても素敵でこれからもどんな神たちに出会えるのか楽しみです。

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻の感想
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。