「神様たちのお伊勢参り(4)生け贄の姫の想い人 (双葉文庫) / 竹村優希」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻の感想ブログです。

✔️記事の内容

  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻の感想
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻のあらすじ

茶枳尼天たちが帰って以来、こじらせていた芽衣の風邪も、ようやく癒えた頃。天は突然、「やおよろずを建て替える」と言い出した。天に「建物の守り神である家宅六神からお札を貰ってくれ」と頼まれた芽衣は、せっせと建物中を走り回る。その頃、以前、芽衣が助けた白狐のシロが、芽衣のために『やおよろず』のそばに新しい宿を作っていた―大人気シリーズ第4弾!

引用元:Amazonより

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻の感想

風邪をひいてしまう芽衣だが、茶枳尼天たちが帰ってから気が抜けたんだと思うと、居場所がなくならなくてよかったと思える。

風邪から回復して、早々に天が「やおよろず」を建て直すが、一瞬で終わるところは脱帽する。

ただ、動物や人間とがは外に出ていないとならないのは不便ではあるが、「八百万」にいた場合の恐ろしさよりは安全が1番ではある。

因幡は芽衣にかまって欲しいからなのか、よくイタズラをやらかす。

頭を悩ませているけど、友人として接していて、やりとりは微笑ましいものではある。

シロが芽衣に喜んでもらおうと必死になっているところは、因幡とは違った厄介さはあるが、素直なところが愛らしさがある。

天に対抗意識も含まれている感じがあって、2人のやりとりはこれからどんなふうになるが楽しみです。

しかも、少し天もシロに対抗している節があるから余計に気になる。

「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻のあらすじ
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻の感想
  • 「神様たちのお伊勢参り」シリーズの4巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント