「引き籠り錬金術師は引き籠れない3 お家でのんびりしたい奮闘記 (ドラゴンノベルス) / 四つ目」の感想

interest




無月黒羽です。

今回の記事は「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻の感想ブログです。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事の内容は

  • 「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻の感想
  • 「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

について書いています。


「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻のあらすじ

一人で引き籠りライフ……する筈が、この街で大切な人ができました。
対人能力ゼロだけど万能錬金術師のセレス。そんな彼女の連絡係を務めるうち、不本意にも精霊使いとして名を馳せてしまったリュナド。「凄腕コンビ」と噂される二人は野盗退治に駆り出され、“呪いの神”と囚われの少女に遭遇する。危機を乗り越えたセレスは少女を保護して、リュナドとの関係をさらに深め……られるのか? 残念錬金術師の奮闘記、第三弾!

引用元:BOOK☆WALKERより

「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻の感想

セレスと家精霊のやりとりは微笑ましい。

またもや、セレスが遠出をするために不在になると寂しがる家精霊がかわいい。

ただ、不在中はライナやシャウルが訪問するから少しだけ寂しさが紛れているっぽいけど、やはりセレスが1番なんだろなと感じる。

リュナドはセレスのことをまだ怖いと思っているから、ズレがあって面白さもあるが微笑ましい気持ちにもなる。

変な展開になっていくところは災難だとは思うが、セレスにとっては頼りになる人だから、もっと仲が深まり理解者になってほしい。

部下などからは恋仲と勘違いされるが、セレスとのやりとりはニンマリしてしまう。

ライナのお店に仮面をつけてセレスが来訪するところは面白い。

斜め上の発想がぶっ飛んでいて、ライナが頭を痛めるほどのことをやるセレスが笑える。

人の視線が怖いセレスが、普通に昼間に来られるのはいいことのように感じる。

やり方がかなり変わっているけど。

土精霊のはしゃぐ姿や家精霊に怒られて逃げるところはほのぼのとする。

楽しんでいるのがかわいくて癒される。

セレスとリュナドの戦闘は迫力があり、見ごたえがある。

お互いがお互いを守るところが微笑ましい。

「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

2021年4月30日23:59までの期間限定で、読むことができます。

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

>>kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事の内容は

  • 「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻のあらすじ
  • 「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻の感想
  • 「引き籠り錬金術師は引き籠れない」シリーズの3巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント