当メディアにはアフィリエイト広告が含まれています。

「白銀竜王のクレイドルⅤ (HJ文庫) / ツガワトモタカ」の感想

この記事は約3分で読めます。

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻の感想ブログです。

✔️記事内容

  • 「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻のあらすじ
  • 「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻の感想
  • 「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻のあらすじ

クリスフォードの初恋の女性である巫女フェリシア。11年前に死んだ筈の彼女が、なんと現代に蘇ってクリスフォードを誘拐してしまった! しかもフェリシアは故郷を蹂躙した大国に宣戦布告し、手始めにガルツハーンへと侵攻を開始してしまう。 一方、東方大陸から帰還したイルミたちは、その道すがら、巫女を名乗る不思議な少女を拾うのだが――。

引用元:BOOK☆WALKERより

「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻の感想

東方大陸で2つのアーティファクトを手に入れたイルミたちは、帰還する途中にセラフィーナと出会う。

セラフィーナは腹が空きすぎて倒れていたところを拾ったが、キャロライナとサクヤがイルミに対しての言い方が面白い。

その後、ニーナのお店に行くことになり、アメリアも居て、イルミにとって散々な目に合う。

しかも、セラフィーナが起きてからも、イルミがさらに散々な目に合うから笑える。

やはり、イルミたちは賑やかさがあって、仲が良い雰囲気は和む。

ただし、キャロライナとサクヤはイルミ争奪戦の時はさらに賑やかになる。

アリス側もクリスフォードやマリィとのやりとりは微笑ましい。よくアリスが2人をからかっている。

ただ、何かを企みや思惑を感じられるところがあり、今後どんな展開になっていくのかが楽しみです。

「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻が読めるサブスク紹介

  • BOOK☆WALKERの読み放題
  • kindle unlimited

で、読むことができます。

1つ目は、BOOK☆WALKERの読み放題

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「読み放題 マンガコース」と「読み放題 MAXコース」の2つのサービスがあります。

「読み放題 MAXコース」では、月額1100円(税込)で、

  • マンガ単行本
  • マンガ雑誌
  • アニメ・声優誌など
  • ライトノベル
  • 新文芸
  • 文芸・小説

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額1100円(税込)で15000作品以上が読める!/

2つ目は、kindle unlimited

Kindle Unlimitedは月額980円で対象書籍が読み放題というサービスです。

30日間の無料体験期間があり、ジャンルの幅を広く揃っています。

配信対象は和書12万冊、洋書120万冊以上となり、書籍やコミック、雑誌を含まれています。

月に1冊以上の本を読む方にはおすすめです。

kindle unlimited

\30日間の無料体験期間があり/

さいごに

今回の記事は「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻の感想ブログでした。

✔️記事の内容

  • 「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻のあらすじ
  • 「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻の感想
  • 「白銀竜王のクレイドル」シリーズの5巻が読めるサブスク紹介

についてでした。