「堀川さんはがんばらない (角川ビーンズ文庫) / あずまの章」の感想

interest

無月黒羽です。

私は1日1冊の本を読んで、感想をブログに書いています。

ジャンルは特にこだわりがないので、ラノベでも、純文学でも、ミステリー小説でも、なんでも面白そうな作品ならば読んでいます。

今回の記事は「奇奇奇譚編集部」シリーズの1巻の感想ブログです。

✔︎記事の内容

  • 「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻の感想
  • 「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

について書いています。

「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻のあらすじ

「春日坂高校漫画研究部」のあずまの章が贈る、甘酸っぱい青春学園ラブ!!
「先輩、弓道は楽しいですか?」堀川伊与は、無気力マイペースな高校1年生。なるべくラクな部活を選ぼうと、ゆるいと噂の弓道部を見学しに行った伊与は、1人黙々と弓を射る鏑木鉄矢と出逢う。彼に入部希望者だと思われた伊与は、強引に弓を引かされたうえ「お前、弓道に向いてるぞ」と言われて圧倒されっぱなし! 思わず入部したものの、鉄矢の伊与に対する距離はやけに近くて……!? マイペース女子×天然男子の、甘酸っぱい青春部活ストーリー!!

引用元:BOOK☆WALKERより

「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻の感想

無気力でマイペースな堀川伊与が、帰宅部になると植田萌々子に伝えるけど、通う高校はなんらかの部活に入らなくてはならないことを知る。

そして、ラクな部活を探すと決め、問題が発生している弓道部に目をつける。

弓道部に所属する鏑木鉄矢と出会い、廃部するかもしれないから、なんとか解決しようと動く。

無気力さを感じられないほど、積極的で弓道部の顧問の先生とのやりとりが面白い。

しかも、弓道部に入ると真剣に取り組んでいて、部員たちとの面白いやりとりする。

矛盾をしているが、本当の伊与は真逆なのではと感じてしまう。

鏑木は天然さがあるから伊与とのやりとりは面白いものかある。

今後の関係性の発展も気になるところだが、伊与の成長なども楽しみです。

「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

BOOK☆WALKERは、大手出版社であるKADOKAWAグループが運営をしています。

「文庫・ライトノベル読み放題」と「マンガ・雑誌読み放題」の2つのサービスがあります。

「文庫・ライトノベル読み放題」では、月額840円(税込)で、

  • ライトノベル・・・9000作品以上
  • 新文芸・・・600作品以上
  • 文芸・小説・・・4000作品以上

合計15000作品以上が読める。

KADOKAWA系のライトノベルが豊富で、よく読む方にはオススメです。

>>電子書籍ストアBOOK☆WALKER

\月額836円(税込)で15000作品以上が読める!/

さいごに

今回の記事は「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻の感想ブログでした。

✔︎記事の内容

  • 「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻のあらすじ
  • 「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻の感想
  • 「堀川さんはがんばらない」シリーズの1巻が読めるサブスク紹介

についてでした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました